アーカイブ: 2010年10月

ノラヤさんのカレンダー

ノラヤさんの2011年のカレンダーが届きました。色づき始めた西洋カマツカの実を添えて壁にかけてみました。

毎年テーマを決めてカレンダーを作られているノラヤさん。2011年は「ねむりごよみ」です。「ねむり」から連想される12のものが描かれています。
インクの色はブルーがかったグレー、サイズは8×20cmです。穴がひとつあいているので、こうしてひもを通して使うことも、1枚ずつピンやマグネットで留めて使うこともできます。

描かれた絵と添えられた言葉は、ノラヤさんならではの世界です。1月の「はつゆめ」のパジャマの絵から始まり、ねこをふとんに入れる、うたたね、草の上、まくらなげ、雨音、星空、ぬるめがよい、月夜、毛布をどうぞ、はちみつ、サンタがくる、までの12枚
シンプルな線で、温かく、ちょっととぼけたような味のある、ノラヤ・ヤマモトナホさんの絵が大好きです。先週ご紹介した「可成屋 和操」のジャムのラベルもノラヤさんが描いたものなんです。もう一度ご覧になってみて下さいね。

もう来年のカレンダーがお店に並ぶんだなぁ、と思われた方が多いかもしれません。
今年の秋はなんだか駆け足で過ぎてしまいそう。大事に過ごさなければと思います。

ノラヤ 2011年カレンダー ¥1,155-

※メール便でお送りできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。→

Category: 紙もの | Tag:

YUZURIHAのほうじ茶

おいしいもののご紹介が続きます。YUZURIHAさんのほうじ茶のお取り扱いが始まりました。
静岡市安倍川上流の中山間地にあるお茶農家・白鳥園で、 20年以上農薬を使わずに作られているお茶です。品種改良されていない、昔から栽培されてきた在来の緑茶を、ていねいに手作業で焙じています。緑茶の風味を消さないように軽く焙じているのが特徴です。ほっとするようなほうじ茶の香りと、緑茶の味わいも残るこのお茶が、私はとても気に入っています。
イラストレーターの山本祐布子さんが絵を描かれた、クラフト紙のパッケージも素敵です。

横須賀雪枝さんが主宰される「YUZURIHA (ゆずりは)」。その名前の由来は、譲葉(ゆずりは)の木。古くなった葉が木から離れる前に、その上に新しい葉が生えて、その成長を見届けたあとに古い葉が落ちるという木です。「私たちが大切だと思うことを次世代に手渡しで伝えていきたい」 そんな願いを込めてつけられた名前です。

YUZURIHA ほうじ茶(100g )  ¥840-

【2011年10月 追記】 
緑茶もお取扱いに加わりました。 在来種の茶葉の清々しい味わいのお茶です。 100g入 ¥1,260-

Category: おいしいもの