アーカイブ: 2010.6.14.Monday

あらいみえこさんの木彫りの人形

東京は今日から梅雨入りのようです。雨の日の庭は、しっとりと緑の色が濃くなり、この景色もなかなかいいものです。 とはいえ、これから雨が続くと思うと少々憂鬱ですね。
あらいみえこさんのてるてる坊主の出番です。晴れの日も雨の日も、ほがらかにいこうよと笑っているような、やさしい表情のてるてる坊主です。高さが7cmくらいのシナの木で作られたものです。

あらいみえこさんは、松本で、主に白いシナの木を使って人形を作られています。以前、あらいさんの作った小さなひな人形を見たことがあり、印象に残っていました。今年の5月の連休に義母の住む松本に滞在中、ふらりと入ったギャラリーで、久しぶりに地元で個展を開かれたというあらいさんと偶然お会いすることができたのです。嬉しいご縁でした。

「手を合わせる」という作品です。ヤマボウシの花の台が幅8cm、人形は高さ4cmにも満たない小さなものです。ほんのひと筆で人形の顔を描く時、どれほどの集中力がいるのだろうと思ってしまいます。 

ひな人形もいくつか送っていただきました。季節を問わず、いつでも飾っておきたくなる可愛らしさです。ご覧になりたい方は、どうぞ声をかけて下さい。また庭だよりでもご紹介致します。

あらいみえこ 「てるてる坊主」 ¥2,100- ・ 「手を合わせる」 ¥4,725- 

Category: 木工