カテゴリー別アーカイブ: 時計

ipshlonさんの手作り時計

 
 photo : ipsilon
   
   
ipsilon=Y  
イタリア語で ”Y”をイプシロンと発音します。
作家の頭文字であり、自身から生まれるもの、直感を信じカタチにしたものをイプシロンの作品として発表していくという意味が込められています。
男性が作っていると思われることも多いそうですが、ipsilonさんは女性の方です。

ジュエリーの専門学校で彫金を学ばれていた時に、販売のアルバイトで手づくり時計の世界を知り、私のやりたかったことはこれだ、とすっかり魅了されたのが時計作りの道に進むきっかけだったそうです。
その後、かねてから予定していた1年間のフィレンツェ留学では、洋彫りの彫金を学んだり、カバン屋さんで鞄づくりのお手伝いをしたり、時計作りに生かせる技術を学ぶことに。
帰国後、手作り時計の第一人者である篠原康治氏に師事し、アシスタントをしながら作家活動を開始。2010年からipsilonとして独立し、制作活動をされています。
  
  

  
シンプルな文字盤と針とベルトの色合わせが楽しい「Seta」シリーズ。
グリーンのベルトに赤のステッチのクリスマスカラーが気になりますね。
こんな時計の贈り物が届いたら… 嬉しくて飛び上がってしまうなぁ。   
    
マニッシュな渋いもの、色づかいの楽しい軽快なもの、彫金の技術を生かした繊細なものなど、様々なテイストの時計たち。どれもハンドメイドならではの温もりを感じます。

12月の「冬の口笛」では、約50点の腕時計と懐中時計、時計のパーツを使った新作のモビールを展示する予定です。
ご自身の今の感覚に響くものを、ぜひ探しにいらしてください。
  

冬の口笛
時計とニット展

ipsilon(手づくり時計)
tsumugi knits 小林 ゆか(ニット)

12月9日(土)-17日(日) 11:00-16:00
11(月)・12日(火)はお休み
※土曜日は18:00まで

在店日 
ipsilonさん   13日(水)・17日(日)
小林ゆかさん  9日(土)・10日(日)・13日(水)・17日(日)
  
  

Category: 時計 | Tag: