カテゴリー別アーカイブ: 木工

あらいみえこさんの木彫りの人形

東京は今日から梅雨入りのようです。雨の日の庭は、しっとりと緑の色が濃くなり、この景色もなかなかいいものです。 とはいえ、これから雨が続くと思うと少々憂鬱ですね。
あらいみえこさんのてるてる坊主の出番です。晴れの日も雨の日も、ほがらかにいこうよと笑っているような、やさしい表情のてるてる坊主です。高さが7cmくらいのシナの木で作られたものです。

あらいみえこさんは、松本で、主に白いシナの木を使って人形を作られています。以前、あらいさんの作った小さなひな人形を見たことがあり、印象に残っていました。今年の5月の連休に義母の住む松本に滞在中、ふらりと入ったギャラリーで、久しぶりに地元で個展を開かれたというあらいさんと偶然お会いすることができたのです。嬉しいご縁でした。

「手を合わせる」という作品です。ヤマボウシの花の台が幅8cm、人形は高さ4cmにも満たない小さなものです。ほんのひと筆で人形の顔を描く時、どれほどの集中力がいるのだろうと思ってしまいます。 

ひな人形もいくつか送っていただきました。季節を問わず、いつでも飾っておきたくなる可愛らしさです。ご覧になりたい方は、どうぞ声をかけて下さい。また庭だよりでもご紹介致します。

あらいみえこ 「てるてる坊主」 ¥2,100- ・ 「手を合わせる」 ¥4,725- 

Category: 木工

岩本清商店さんの「ちょこっとトレー」

金沢の岩本清商店さんの「ちょこっとトレー」にヤブコウジの小さな盆栽をのせました。
岩本清商店さんは、金沢独自の伝統工芸である、焼き桐に木地蒔絵を施す桐工芸の作品を作り続けているお店です。

とても軽くてやわらかな風合いの桐のトレーです。大きさは12×24cm、丸い溝がついています。表面を強い火で焼いて仕上げてあり、木目が際立ったその焼き肌が魅力です。湯呑にお菓子を添えたり、マグカップにミルクピッチャー、ビールにおつまみといった具合に、名前の通りちょこっとのせて気軽に使えるトレーです。
縁の立ち上がりがないので、小さな盆栽を飾るときに敷き板のように使って重宝しています。盆栽は、左右どちらかに傾いて「間」を意識して仕立てられたものが多いですが、このトレーにのせると、テーブルの上などでも「間」が生かされて、とても絵になる気がします。桐の焼き肌の濃い色合いに緑が映えてきれいです。

「ちょこっとトレー」 ¥1,575-

Category: 木工