カテゴリー別アーカイブ: 木工

柳弘之さんのハーバリウム

  

  
  
お問い合わせいただいていた柳弘之さんのハーバリウムのほか、定番の作品だった輪花皿や壁掛け鏡などをOnline shopに掲載しました。

柳さんの燭台などはひとつひとつ形が異なるので、改めてご紹介させてください。
そのほかタカラモノミツケタ展の会期後の撮影が滞っていますが、ひとつひとつ進めておりますので、どうぞ気長にお待ちください。
  
  

Category: 木工

柳弘之さんの球体のオブジェ

  

  
  
柳弘之さんの球体のオブジェ

年輪が美しく、私には惑星を連想させるような存在でした。
掌にのせてすべすべの木肌をなぜていると、気持ちが落ち着きます。
ギャラリーからの搬出の前に、柳さんが持ってこられた美しい押し花の古書と並べて撮りました。
  
  
会期中、この球体を見ながら、泥団子を作った思い出を話されたお客様が何人もいらっしゃいました。
そう、そんなことも思い出しますよね。
私自身は作った記憶がないのですが、娘達が幼稚園生の頃に夢中で作って、玄関の三和土に泥団子が並んでいた時期がありました。懐かしいです。
  
  
柳弘之 球体のオブジェ 直径6.5cm 4,860円
  
   

Category: 木工

柳 弘之さんの栗の木の大鉢

  

  
   
幅が約35cm、高さは5.5cmほど、野菜や果物をごろんと入れられるくらいの大きな刳りもの(くりもの)の鉢です。
使い方によって素朴な感じにもモダンな雰囲気にもなりそうです。鉄媒染仕上げの黒いものととオイル仕上げ明るい木地のものがございます。
編みかけの小物と毛糸を入れておくような光景が思い浮かぶのですが、私は編み物ができないので実際はどうかなぁ。お手に取っていろいろな使い方を想像してみてください。
   
柳弘之さんのうつわは、今回が最後の入荷の予定です。
会期直前にこのお話を伺い、お店としては、本当なのか… 素敵なうつわ達いつでも戻っておいでよーという気持ちもありますが、柳さんらしい決断を応援しています。

今展では、うつわとオブジェ両方の創作世界を、最終日までたくさんの方にご覧いただけますように。
  
   

Category: 木工 | Tag:

柳弘之さんの木の燭台

  

  
  
柳弘之さんの木の燭台です。
たくさん作ってくださって嬉しいです。
どの形もそれぞれに魅力的で、どの燭台をいちばん使いそうかなぁと迷いますね。
タンブラーのキャンドルを載せる、こんな使い方も気軽に楽しめてよいですね。
柳さんが素敵なお写真を撮ってくださいました。
   
タカラモノミツケタ展、3日から始まります。
  
  
タカラモノミツケタ

きたのまりこ (アクセサリー)
keino glass (ガラス)
柳 弘之 (木・造作物)

11月3日(土)-9日(金) 11:00-17:00
5日(月)はお休みします
gallaley maroom(府中)にて
  
  
  
  
  
  

Category: 木工 | Tag:

三人展 タカラモノミツケタ のお知らせ

10/29 少し追記いたしました。
  

    
   
タカラモノミツケタ

三人展
きたのまりこ  アクセサリー
keino glass ガラス
柳 弘之 木・造作物

11月3日(土)-9日(金) 11:00-17:00
5日(月)はお休み
gallaley maroom(府中市)にて
  
  
企画展「タカラモノミツケタ」11月3日から始まります。
毎年秋に行っているタカラモノミツケタ展。今年は静かな佇まいの三人展となりました。

keino glassさんのガラスのオブジェ。
冬の森がこまやかに線刻されています。
明るい陽射し、曇天の日の光、夜の灯りの元、キャンドルの灯りを通して… 日々の光とともにガラスの表情を楽しんでいただければと思います。
keinoさんの優しいお人柄を知ると、作品も一層穏やかに語りかけてくるような気がします。
  
  
  

柳弘之さんの栗の木の輪花皿。
オイル仕上げのものと鉄媒染で黒く染色したもの2種類が届く予定です。
栗の木はタンニンを多く含むので、鉄の媒染液に浸すと、さっとこんな色に染まるのだそうです。布の泥染めにも通じていて植物の染色はとても興味深いです。マットな墨色の中に木目がくっきりと浮かび上がりきれいです。
  
家具の制作をベースに造形作家として新たな道に一歩を踏み出した柳弘之さん。木工のうつわの入荷の機会は少なくなってきましたので、この機会にぜひお皿やお盆をゆっくりご覧いただきたいと思います。
  
   

    
     
Keino glassさんのガラスの作品は、初めてのご紹介です。
様々な技法で多彩な作品を作られているkeinoさん。今展では、シンプルなうつわ達にオブジェや照明を数点加えて、ふたつの創作面をご覧いただきます。

2枚のお写真はKeino glassさんからお借りしました。
シンプルなうつわもそれぞれに優美なラインが魅力で、作品が届くのが楽しみです。
  
    

きたのまりこさんの草と木のシリーズから 「赤い実と葉と」
マユミの実と葉が美しいバランスで描きとられています。

1点ものの’ゆきつぶ’シリーズと、定番の草と木のシリーズ、どちらも展示品はすべてお持ち帰りいただけます。
作品数が限られるので、草と木のシリーズについては見本として展示して受注をお受けした方がよいのか迷いましたが、展示会場の中で出会って持ち帰っていただく、その楽しさを味わっていただこうと決めました。
  
柳さんときたのまりこさんのお写真は以前のご紹介時のものから。
今回は作品がすべて直前に届くので、そわそわドキドキと待つばかりです。
   
    
  *

初日よりOmiさんの焼き菓子を販売いたします。
栗のケイク・米粉を使ったアーモンドボール・チョコ掛けビスコッティの3種です。
   
会期中は、カレンダー以外の常設品は展示いたしません。
もしご覧になりたいものがあれば、用意いたしますのでどうぞお知らせください。

クレジットカードはお取り扱いておりません。(まだです…すみません!)
   
ギャラリーへの交通案内は’場所のご案内‘に掲載しています。
マンションの1室ですが、道路に面したテラス側が入口になっています。
駐車場が2台ございます。
  
    

Category: ガラス, 木工, 金属・アクセサリー・時計 | Tag: , ,

柳弘之さんのハーバリウム

  

  
    
‘ハーバリウム’ 聞きなれない言葉でしょうか、植物標本瓶のことです。
こちらは、柳弘之さんがガラス器に合わせてブラックウォールナットで台と蓋を作られた作品です。散歩先から持ち帰った植物の欠片を、時々入れ替えて飾っておくような、そんな身近なイメージで使っていただくのも嬉しいです。

安定して手に入るちょうどよいガラス器を探すために、しばらく入荷をお待たせしていましたが、背の高いサイズも加わって2種類を三人展でご覧いただきます。
背の高い方は 高さが木部を入れて約24cm。ガラス器の直径が底から上に向かって数ミリ狭まっています。この直径と高さのバランスが気に入り、これで作っていこうと思われたとのこと。柳さんのこまやかな美意識を感じました。
  
中に入れる植物なども柳さんご自身が持参してディスプレイしてくださる予定で、このハーバリウムの自然な姿をご覧いただけると思います。
  
   *

タカラモノミツケタ
きたのまりこ(アクセサリー)/ keino glass(ガラス)/ 柳 弘之(木・造作物) 三人展
11/3(土)-9(金) 11:00-17:00
5(月)はお休み
gallaley maroom(府中市)にて
   
  

Category: 木工 | Tag:

タカラモノミツケタ・柳弘之さん

 

  
  
柳弘之さんの壁掛け鏡と花のオブジェ
   
   *

柳弘之さんは、東京都町田市で、工房Fremontとしての家具の制作と並行して、造形作家として活動されています。
近年は、素材を木に限らず自由な表現に向かわれています。

この壁掛け鏡は、お店の商品であるときも、いつもお店の風景を作ってくれるひとつになっていると柳さんに伝えたところ、「自分のつくるものが、使ってくださる方の暮らしの風景となっていくことが大切なことだと感じている」とそんなお返事があり、共感したことがありました。
   
三人展では、これまでも親しんでいただいてきた木工作品とともに、自由に作っていただいた造形物もあわせてご覧いただきます。ハーバリウム・輪花皿や玉縁の鉢やお盆・燭台などのほか、展示会ならではのコンポートの制作もお願いしています。
この花のオフオジェの素材感、ぜひ実際にご覧ください。
 
   *
  
タカラモノミツケタ

きたのまりこ  アクセサリー
keino glass  ガラス
柳 弘之    木・造作物
.
11月3日(土)-9日(金) 11:00-17:00
5日(月)はお休み
gallaley maroom(府中市)にて
  
   

Category: 木工 | Tag:

道草マーケット 明日からです。

  

道草マーケットが明日から始まります。
小さなギャラリーですので、もしかすると初日だけは一時的に混み合うことがあるかもしれませんが、これまで通りののんびりな気持ちでお迎えいたします。

最後にいくつかご紹介いたします。
柳弘之さんの栗の木の輪花皿。クリアオイル仕上げと鉄媒染仕上げがあります。
一年前の二人展の時のものより大きな7寸皿です。

柳さんの作品は、壁掛け鏡・燭台・玉縁盆なども展示しています。
  
  
柳弘之 輪花皿 径21cm×高さ2.5cm  
栗の鉄媒染仕上げ 8,424円 / クリアオイル仕上げ 8,100円
平野日奈子 ラインマグ 3,240円

  
   
   
     

mitome tsukasaさんの新作のリングがとても素敵です。

左: リング「dew」 シルバー 8,640円 13号・真鍮 6,480円 13号
右: リング「minawa」シルバー 9,720円 12号 (真鍮 7,560円 12号)

号数は現在在庫しているサイズです。
ご希望のサイズで、通信販売を含めて受注制作のご注文も承ります。
真鍮のminawaのリングは納品が初日に間に合いませんでした。
入荷次第、改めてご案内いたします。
  
     
   

card-yaさんの手ぬぐいが入荷しています。
植物・フォント・パッケージの3種類の柄。
すべて直に手描きされていますが、お洗濯などは普通にしていただけます。
クロス代わりに敷いたり、籠に掛けたり。さりげなく絵になるモノクロがありがたい場面があって、私も愛用しています。
ご覧のような素敵なコンパクトなパッケージになりました。手作りのお菓子などに添えて贈り物にも喜ばれそうです。
  
   

キャンドルは、炎を見つめてほーっとしたい時、いろいろな場所で気軽に灯していただるように、耐熱タンブラーに蜜蝋を注いいだものをご用意しました。
なんだかおいしそうなデザートのように見えるのは、ふわふわの綿にドライフラワーが添えてあるのです。こちらもard-yaさんならではの美しいパッケージです。

card-ya 手ぬぐい 2,160円 / candle jar・s 1,620円
  
  
  
  

先日、真上からのお写真を見ていただいた平野日奈子さんの「もよう蓋物」は、ご覧の2点があります。とてもよい閉まり具合です。
蓋物は手間がかかるだろうと思うのですが、平野さんは蓋物を作るのがお好きなのだそうです。確かに蓋付きのものが多い。今回は蓋物3種類・蓋付きピッチャー・蓋付きマグカップ、そして道草花器があります。
道草花器の写真を撮り忘れていましたが、形も様々に7点あります。

平野日奈子 もよう蓋物 4,536円 / 後方の蓋物 4,320円
  
  
  
  

最後にOmiさんの焼き菓子のご案内です。
久しぶりにOmiさんのお菓子をいただけて嬉しいです。
これだけはお先に自分用にひとつずつキープさせてくださいね。
下記の3種類を販売予定です。

・鳥とお花のクッキーセット (税込480円)
大きな鳥のクッキーにはオレンジピール入りのチョコガナッシュをたっぷりサンドしてあります。いちごジャムをのせたお花のクッキーを添えました。
贅沢な材料を使いお値段が安すぎて心配です…。

【追記】
価格と食材のご連絡の誤りで訂正しました。それでもお安いと思われるおいしいクッキーです◎

・ざくざくココナッツフレーククッキー (税込300円)
ココナッツ・パンプキンシード・ひまわりの種・レーズン入りのざくざく香ばしいお菓子です。

・ビスコッティー(税込320円) 
こちらははずせない定番です。
気温が高くなったのでチョコ掛けではありませんが、楽しみです。

明日の直接ギャラリーに納品してくれることになりました。
開店後しばらくはOmiさんに会っていただけると思います。
アナログな方のため、活動状況がなかなか分からないOmiさんに、今後の予定やお菓子作りのあれこれをたずねてみてくださいね。
  
  

Category: 木工 | Tag: , ,

サノアイさんのステッチ模様のパン皿

  

サノアイさんのステッチ模様のパン皿が数年ぶりで入荷しました。
買い足したいというご希望を時々いただいていました。枚数が限られていますが、Online shopに掲載させていただきます。ご覧いただけていたら嬉しいです。

木のお皿は初めてという方もぜひ。
木が蒸気を吸ってくれるので、トーストが最後までおいしくいただけます。
ステッチ模様は可愛らしく、縁に向かってすっと薄くなるフォルムははあくまでもスマートでかっこいいのです。
  
  

サノアイ ステッチ模様のパン皿 税込4,900円
点と線模様製作所 ダブルガーゼハンカチ「静寂の中の」 税込972円

  
  

Category: 木工 | Tag:

サノアイさんの手回しオルゴール

 

サノアイさんの小さな手回しオルゴールです。
クルクルとハンドルを回すと、木の箱の中で反響しとてもきれいな音がします。
さらに木のテーブルの上で奏でるとグンと響きがよくなるんですよ。

曲目は『花は咲く』。
木工と木彫りは全然違うものだから難しいと、サノさんは書かれていましたけど、この曲にふさわしい素朴な花の彫刻だと感じます。

10月のタカラモノミツケタ展の折に作っていただいた中の最後のひとつです。
よいご縁があればと思い、Online shopに掲載しました。
  
  
  
サノアイ 花のオルゴール
縦5.6cm×横6.6cm×高さ4cm チェリー染色  税込5,300円  Sold out

  

Category: 木工 | Tag:
1 2 3 4 5 6 15