カテゴリー別アーカイブ: 布・革・羊毛・ニット

「冬の口笛」時計とニット展 明日からです。

 

  

宵闇迫る山の木々は、深い青に見えてとてもきれい。
そんな木々をモチーフにして足首と甲に繰り返し編み込みました。
     
小林ゆか著 『手あみの冬こもの』より

日暮れが早く、暗くなってしまいましたが、最後にもう一枚。
小林ゆかさんの「ツリーの靴下」です。
リースの下に下げておきたい可愛らしさですね。ゆったりしたサイズですから、冷え取り靴下のカバーに。寒い冬の休日、一日ゆっくり家で過ごす日に履いてみたいです。
  
  
「冬の口笛」展が明日から始まります。
時計もニットも初めてご紹介です。たくさんの方にご覧いただけますように。
  
冬の口笛 時計とニット展
ipsilon (手づくり時計)
tsumugi knits 小林 ゆか (ニット)

‪12/9(土)-17(日) 11:00-16:00‬
11(月)・12(火)はお休み
土曜日は‪18:00‬まで

※クレジットカードはお取り扱いしておりません。何卒ご了承ください。
  
   
   *
   
常設の作品からも、TETOTEさんのTUTUとポーチ、きたのまりこさん・mitome tsukasaさんのネックレス、トモタケさんのオーナメントやコースター、新着のたくまポタリーさんのマグカップや小皿、柳弘之さんのハーバリウムや燭台など、お薦めを選りすぐって展示いたします。
皆様のご来店を心からお待ちしております。
  
   
  
  
  

Category: 布・革・羊毛・ニット

小林ゆかさんの手編みのミトン

 

師走を迎え、いよいよ冬本番。
百草の庭では「冬の口笛」時計とニット展が土曜日から始まります。

ニットの小林ゆかさんの在店日には、この展示に合わせて制作されたご覧の新作ミトンとDMに掲載した花のミトンの2種類をお好きな色を選んでご注文いただけるオーダー会を行います。
色を選び、出来上がってくるのを待つのは、きっとワクワクの体験になりますね。

百草の庭をイメージして柄を考えてくださっていう新作ミトンは、手首まですっぽりかぶる長めのデザインです。店頭では三色を展示する予定です。届き次第、またご紹介いたしますね。
  
   *
    
冬の口笛 
時計とニット展
  
ipsilon / tsumugi knits 小林 ゆか
 
12月9日(土)-17日(日) 11:00-16:00
11日・12日(火)はお休み
※土曜日は18:00まで
.
在店日 
ipsilonさん 13日(水)・17日(日)
小林ゆかさん 9日(土)・10日(日)・13日(水)・17日(日)
  
  
※ニットの作品については、お買い上げいただいたお品物も最終日まで展示し会期終了後にご配送させていただきます。
 また、上記のミトンに限らずご売約済みとなった作品のオーダーを承ります。

  
  

Category: 布・革・羊毛・ニット

トモタケさんの冬のオーナメント

  

トモタケさんの冬のオーナメントが今年も届きました。
小さな作品ながら、ひとつひとつ泥染めされたチャコールグレーの魅力は、トモタケさんならではのものです。小枝に添えて飾ったり、ガーランドに仕立てたり、いろいろにお楽しみくださいね。

お待たせしてしまいますが、12月8日からの冬の口笛展の時にこちらも店頭に並びます。
コースターやパネルも入荷していますので、またご紹介いたします。
  
  

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

tsumugi knits 小林ゆかさんの「ミモザのミトン」

  

  
  
地に根ざし、満開に咲き、地面に落ちた花さえ美しい。
そんなミモザの立ち姿をミトンに閉じ込めました。

3月にご自身のインスタグラムにこんな風に書かれていました。
アトリエの窓から見えるミモザを見ながら絵を描くように編んだというtsumugi knits 小林ゆかさんの「ミモザのミトン」です。
  
  
小林さんは、文化服装学院ニットデザイン科で編み物を学んだのち、12年間編み物の仕事に携わってこられました。アトリエ「tsumugi knits」を主宰する一方で、編み物教室やイベントの講師、書籍用の作品制作などを手がけられています。日本ヴォーグ社から初の著書本『手あみの冬こもの』が昨年出版されました。

目に入るものを心に留めて編み図を考える。
それはとても豊かな時間であり、また、大変地道な作業だろうと思います。
小林さんのお話を伺って、オリジナルの編み図を書籍で公開し、日本全国のたくさんの方達の手でその作品が作られていくことも、素晴らしいことだなぁと改めて感じました。普段お取り扱いしている他素材の作家作品とはちがった面をもっていますね。
私は、編み物が全然できないのですが (昔々何度かトライしたことがありますが、どんどん編み目がきつくなるタイプでした… ) いつかお店でワークショップなどもできたらいいなぁと思っています。
  
  
 「花のミトン」

12月の二人展「冬の口笛」では、ミトンを中心に靴下・帽子・ショール・小さな小物入れを展示する予定です。
小林ゆかさんのニット作品については、お買い上げいただいた作品も最終日まで展示させていただき、会期終了後に送料はお店の負担でご配送いたします。

会期中、ご売約済みとなったものも、受注制作のご注文をお受けいたします。
また、小林さんの在店日には、DMにも掲載した「花のミトン」と新作の「mogusanoiwaミトン」の2種類について、見本の毛糸をご用意して色違いのオーダーも受けてくださるとのこと。会期が近づきましら、改めて詳細をご案内いたします。
    
   

冬の口笛 時計とニット展

ipsilon(手づくり時計)
tsumugi knits 小林 ゆか(ニット)

12月9日(土)-17日(日) 11:00-16:00
11(月)・12日(火)はお休み
※土曜日は18:00まで

在店日 
ipsilonさん   13日(水)・17日(日)
小林ゆかさん  9日(土)・10日(日)・13日(水)・17日(日)

小林さんは、上記の4日間在店してくださいます。
ミトンのオーダーのお色のご相談、編み物にまつわるいろいろなお話、ぜひ気軽におたずねになってみてくださいね。
  
  

とりの靴下 photo :tsumugi knits
  
  

Category: 布・革・羊毛・ニット

明日最終日 18時までです。

 

    
   
タカラモノミツケ展、名残惜しいですが明日が最終日となりました。

明日21日(土)は、11時から18時まで営業しています。
もう少し遅ければ行けるけど.. という方がおられましたら、開けておきますのでお電話ください。(Tel.042-511-7995)

百草の庭の大切なタカラモノたち、最後までお楽しみいただけますように。
皆様のご来店をお待ちしています。

■タカラモノミツケタ
  
10月5日(木)- 21日(土) 11:00-16:00
月・火・水曜日はお休み
土曜日は18:00までOPEN

参加作家 (順不同)
きたのまりこ・アクセサリー
mitome tsukasa・アクサセリー
[sonu]新沼千尋・染めと刺繍の小物
サノアイさん・木のオルゴール
柴崎智香さん・鉄の燭台
TETOTE・手刺繍の小箱とポーチ
森田千晶・手漉き和紙と和紙のガーランド

■きたのまりこさんのアクセサリーの受注会を同時開催しています。
   
   
  
[sonu]新沼千尋 箱入り針山「ペンギン」 ガラスのマチ針付き 4,968円 Sold out

    

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

TETOTEさんのwrapポーチ「葉音」

  

「葉音」と題したTETOTEさんの秋の新柄のwrapポーチです。
下の写真をご覧いただくと、底を合わせて表面と裏面を並べて撮ったので、刺繍の繋がりがお分かりになるでしょうか。マチをとらずに包む(wrap)ようにひとつながりに仕立てられた総柄のポーチです。
ちょっと贅沢なものですが、本当に素敵。ブルーグレーの渋めの麻布を使い、和装の折にも似合いそうなシックな仕上がりになりました。
  


TETOTE  wrapポーチ「floral」 マスードイエロー 横16cm×縦11cm×奥行約3.5cm 11,880円

  

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

[sonu]さんの染めと刺繍の小物

 

タカラモノミツケタ展が本日始まりました。
初日を楽しみにご来店くださった皆さま、ありがとうございました。

今回のDMに掲載した[sonu]新沼千尋さんの染めと刺繍の針山の小箱。ひと針ひと針 糸で描いた羊さんには、こんな色の子もいます。
  
  

  
  
針山のほか、ブックカバー・コースター・ブローチも少しずつ納品してくださいました。
ウサギと一緒に暮らしている新沼さんの作品には、可愛らしいウサギがよく登場します。
大切にしていたレースを合わせて、新沼さんの好きなものをぎゅっと集めた感じのするブックカバーです。


[sonu]新沼千尋 箱入りの針山 「羊」  10,800円   Sold out
        文庫本用ブックカバー 「うさぎ」 4,968円   Sold out

   
  
   

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

TETOTEさんの手刺繍の小箱TUTU

  

  
「庭だより」を長くご覧くださっている方には、お馴染みの作品ですね。
お茶筒のような形の小箱TUTUは、開店時からお取り扱いしていることもあって、百草の庭のタカラモノといえば真っ先に思い浮かぶ作品のひとつです。 刺繍と箱という、ふたつの憧れのものが合わさったところに魅かれるのかもしれませんね。

径8cmほどの小さな箱です。TETOTE・藤武美輪さんが手刺繍をほどこし、ご主人の秀幸さんが椅子張りの技術を生かして紙管に張って仕上げている、お二人ならではの作品です。

TUTU「種子」  モカ・緑  径8cm×高さ7.5cm  4,320円
 
  

  
  
シンプルにフェンネルの花の刺繍を配したもの。2段の箱を重ねるとお花がいっぱい咲いていて、とても可愛いです。
ストライプの内布は、リバティープリントです。

TUTU「フェンネル」  箱2段+蓋 径8cm×高さ14cm  7,992円
  
  

「花と種」と題したシックな趣きのTUTU。
内布には、アメリカのヴィンテージプリントの素敵な布が使われています。
TUTUが納品されると、内布を見るのがいつも楽しみです。

TUTU「花と種」 レンガ色 箱2段+蓋 径8cm×高さ11cm  6,264円
  
   
TETOTEさんからは、TUTUが7種類と、秋の新柄のwrapポーチも届きました。
今日は、続々と出品作品が届き、気持ちばかり急いていますが、会期も長いので、少しずつ落ち着いてご紹介していきたいと思います。
  
  
  
タカラモノミツケタ
  
10月5日(木)- 21日(土) 11:00-16:00
月・火・水曜日はお休み

土曜日は18:00までOpen
  
    

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

新沼千尋さんのpin cushion in the box 「羊」

 
 
 
  
染めと刺繍による針山に、植物や小物をあしらってひと箱に仕立てた、[sonu]新沼千尋さんの作品です。
子供の頃、帰り道に拾った植物やお菓子の包み紙やボタン、そんなものを空き箱に入れてとっておきませんでしたか。そんな遠い日のタカラモノのイメージで作られています。この企画展にぴったりだったので、ぜひにとお声掛けしたのでした。

針山は、普段お取り扱いしているものとは形も大きさも異なる展示会ならではのものになっています。「羊」についてはひと針ひと針大変手の込んだ刺繍がほどこされています。
箱入りの針山’pin cushion in the box’は、この他に、色違いの羊とツバメ・ペンギン・ハヤブサ・タヌキの全7点が届きました。改めてご紹介します。
また、[sonu]さんの小さな針山・ブックカバー・コースター・ブローチもそれぞれ少しずつですが展示いたします。
  
   *

■タカラモノミツケタ
  
10月5日(木)- 21日(土) 11:00-16:00
月・火・水曜日はお休み

土曜日は18:00までOpen

参加作家(順不同)
[sonu]新沼千尋さんの染めと刺繍の小物
きたのまりこさんのアクセサリー
mitome tsukasaさんのアクサセリー
サノアイさんの木のオルゴール
柴崎智香さんの鉄の燭台
TETOTEさんの手刺繍の小箱
森田千晶さんの和紙のガーランド
Omiさんの鳥とお花のクッキーセット(12日入荷)
  

※きたのまりこさんの「草と木のアクセサリー」については、一部の作品を除き、見本の作品をご覧いただきオーダーをお受けする受注会とさせていただきます。

  
  

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

9月23日 今日の窓辺

 

  
  
今週は常設展で営業中です。
窓辺のテーブルの展示は、今はこんな感じです。
栗のような形のものは、宮崎桃子さんの羊毛のコーヒーフィルターケース。
天然色の羊毛のグレーは、見飽きることのない色だなぁと毎年手にするたびに思います。こんな暮らしの小物たちも衣替えができたら楽しいですね。
  
   
お写真の左側から
アトリエか猫 ランチマット「たまねぎ」  税込3,000円
たくまポタリー 飴釉 6.5寸リム皿  3,456円
津村里佳 シロコバチ  3,240円
宮崎桃子 羊毛のコーヒーフィルターケース  4,536円
トモタケ 猫のペーパーナプキン・50枚セット 291円
柳弘之 クルミの木の板皿  5,940円  前回のご紹介記事は →
(右上 かごの中) mitsou リネンガーゼのハンカチ「友達」  972円

通信販売のご注文のご希望がございましたら、メールまたはお電話(042-511-7995)でお問い合わせください。

   *
  
常設展に並ぶあれこれ、ご紹介したいものがくさんあるのですが、全く間に合わないまま…。遅れに遅れた次回企画展のDM発送業務をしながらお店番をしています。
企画展にはさまれて、準備不足のまま過ぎてしまう常設展の存在がもったいなくて、どうにかしなければと思っています。普段のお店の様子をもっとたくさんの方にご覧いただけるよう、営業体制をもう一度見直そうと改めて決意する土曜日の午後なのでした。
  
  
9月の常設展は明日24日(日)まで。営業時間は11時-17時です。
窓からの風が心地いい穏やかな週末になりましたね。
ご来店をお待ちしています。
  
    
  

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag: , , , , ,