カテゴリー別アーカイブ: 布・革・羊毛・ニット

「冬の日の過ごし方」展は17日までです。

今週は、「冬の日の過ごし方」展の3週目。 TETOTEさんの手刺繍の布小物と平野日奈子さんの陶器の作品を中心に、冬の日に小さな楽しみを運んでくれる手仕事のものを集めて展示しています。
平野日奈子さんからは、7寸リム皿や小皿など、粉引のお皿が追加で届いています。 先日、黒いコバルト釉の「くも型小皿」をご紹介しましたが、白い粉引のものもとても素敵です。 左右対称ではなく、のんびりとした雲のような形のお皿です。

大きなスープマグも人気です。 なかなか布団から出られない寒い冬の朝、作り置きのスープをこんなカップでたっぷり飲んで、温まって出掛けられたらいいですね。 カップの径が11cm弱ある大きなカップです。 それから、写真ではなかなかその魅力を伝えられないのですが、左に見えているリム皿がとってもよいですよ。

素敵な刺繍のティーコゼーが気になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。 現在、綿の花の刺繍の「コットン」と「オリーブ」のMサイズ、「窓辺のヒヤシンス」のSサイズをご覧いただけます。
Sサイズのものが、1~2人分のティーポット用の大きさで、Mサイズは3~4人用の大きなポットのカバーを探していた方にお薦めです。 この大きさのティーコゼーは、なかなかないですものね。 たとえば写真の平野さんの蓋付きピッチャーは高さが15.5cmありますが、すっぽり収まります。 小さなお鍋やおひつなどにも使えそうです。
TETOTEさんのティーコゼーは、キルト綿を二枚重ねに手縫いで4片縫い付けてあるので、こんなにふっくらしたティーコゼーは見たことがないくらい、お布団みたいにふかふかです。 初日にお求め下さった方から 「ほんとにお茶が冷めません」と、早速嬉しいご報告もいただいてますよ! ぜひ手にとってご覧下さい。

ふっくらとした蕾をイメージして作られた「つぼみ巾着」。 底を見ていただくと、花が開く前の蕾のような形をしています。 口布には、リバティーなどのきれいな生地がさりげなく使われています。
平野日奈子さんが、在廊された日にこの巾着を選んで下さいました。 平野さんは最近、お仲間と気軽なお茶会を楽しんでいるそうで、野外でお茶を点てる「野点」のお道具入れにするそうです。 ぴったりサイズのあった筒茶碗をご自分で焼かれるのでしょうね。

今週も通常通り木・金・土曜日の3日間、時間は一時間遅く17:00まで営業しています。 17日(土)のこの展示の会期終了をもって、今年の営業を終わらせていただきます。 日ごとに寒くなるこの頃ですが、ぜひ遊びにいらして下さい。 ご来店をお待ちしています。

TETOTE  ティーコゼー 「コットン」 Mサイズ 幅 約21cm×高さ21cm ¥10,290-  ・ 「つぼみ巾着」 ¥3,150-
平野日奈子 くも型小皿(小) ¥1,470- ・ スープカップ ¥3,150- ・ 蓋付きピッチャー ¥7,350-

Category: 布・革・羊毛・ニット, 陶磁器 | Tag: ,

TETOTEさんの布と革の手鏡

TETOTEさんの手刺繍の手鏡は、野の花の刺繍のものに加えて、 「around the world」と名付けた新しいシリーズのものが届いています。 ブルガリア・デンマーク・ルーマニアなど、藤武美輪さんがそれぞれの国からイメージする色や模様で刺繍をほどこしています。 落ち着いた色の組み合わせがシックで、とても上品です。 それぞれ布の袋がついています。 いつもバッグにしのばせて、ずっと大切に使い続けたい手鏡です。

鏡の面は、ステッチをきかせた革があしらわれています。 革の縫製はすべて、椅子張りの技術者でもあるご主人の秀幸さんの担当です。 ご夫婦それぞれの手仕事を合わせて、ひとつの作品を作り出しているTETOTEのお二人。 ご結婚された時には、二人でもの作りをすることになるとは思っていなかったそうです。 それぞれの持つ資質とチームワークの良さで、少しずつ作品の世界を広げてきた藤武秀幸さん・美輪さんの、これからのお仕事がとても楽しみです。

 TUTU「花重ね」

「冬の日の過ごし方」
2011.12.1(木)・2(金)・3(土)・8(木)・9(金)・10(土)・15(木)・16(金)・17(土) 
11:00~17:00

TETOTE (手刺繍の布小物) ・ 平野 日奈子 (陶 器)
フェルトの小物や泥染めのオーナメントなど、百草の庭の12月のお薦めのものを合わせて展示しています。 

TETOTEさんの作品は、ティーコゼー、ポシェット、湯たんぽカバー、椅子敷き、つぼみ巾着、写真帖、手紙帖、ポーチ「小さな船」、革の「葉っぱブローチ」、それから布張り小箱「TUTU」もまだたくさんご覧いただけます。 つぼみ巾着やTUTUなどは、贈り物にもお薦めです。

TETOTE 手鏡 径8cm ¥4,725-  ・ TUTU(2段) 「花重ね」 径約8cm×高さ7.5cm ¥3,675-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

TETOTEさんの手刺繍の椅子敷き

昨日から 「冬の日の過ごし方」展が始まりました。 この企画が冬を呼んだみたいですね! 昨日今日とぐっと冷え込んで、いよいよ冬の到来を感じました。 冷たい雨の中をご来店下さった皆さま、本当にありがとうございました。 ゆっくりと時間をかけて熱心にご覧下さる方ばかりで、それがなにより嬉しかったです。

今日ご紹介するのは、TETOTEさんの椅子敷きです。 冬になると木の椅子に腰かけた時にひんやり感じることがありますが、こんな椅子敷きがあったら嬉しいですね。 シックなざくろの刺繍がすごく素敵です。 サイズは約40cm角で、手洗いしていただけます。 椅子敷きにするだけでなく、Myお座布団として、気軽に部屋から部屋へ持ち歩く小さなお座布団の感覚で使っていただくのもよいと思います。 柄は、DMのティーコゼーと同じ綿の花の刺繍の「コツトン」など4種類があります。 Sサイズのものもあります。

TETOTEさんは、この企画展に、革の「葉っぱブローチ」を含めて100点近い作品を届けてくれました。 藤武美輪さんの刺繍の世界が十分に楽しめて、見応えがあります。 糸の色使いが抜群にセンスが良いのです。 ご紹介したいものがたくさんありますが、写真の用意ができなくてすみません。 会期はまだまだ長いので、これからもいろいろとご紹介していきます。 ただ、制作の点数が少ないものもあるので、気になるものがあれば、どうぞお早目にお越し下さい。
平野日奈子さんの陶器は、蓋付きピッチャーとハニーポットをぜひ見ていただきたいです!リム皿もとても素敵ですよ。
明日の3日(土)は、TETOTEの藤武美輪さんと平野日奈子さんがお店にいらっしゃいます。 駅からの坂道に、真っ赤なもみじの葉が散り敷いてきれいです。 ぜひお出掛け下さい。

TETOTE 椅子敷き(Mサイズ) 「ザクロ」  ¥9,975-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

トモタケさんの泥染めのオーナメント

今年もまた、トモタケさんのクリスマスオーナメントが並ぶ季節になりました。 なんとも言えず温かみのある色をしています。 それは、ひとつひとつ泥染めで描かれているから。 この色を生かして、ひとつふたつ枯れ枝に下げたりするのが似合いそうです。
五倍子(ごばいし)から抽出したタンニンで布を下染めし、鉄分を含んだ泥を使って、ひとつひとつ指を使って型染めしています。 泥の中の鉄分とタンニンが反応して黒く染まり、空気や光によって時間をかけてチャコールグレーに変化していくそうです。 小さなオーナメントですが、長い時間をかけて作られているのです。 ちょこっと加えられたリボンの刺繍が、効いていますね。 靴下・ろうそく・雪の結晶の3種類があります。

明日から「冬の日の過ごし方」の展示が始まります。 12月17日(土)まで、営業日はいつも通り木・金・土曜日です。 冬の日のお薦めのものが、あれこれ店内に並びました。 サノアイさんのサンキャッチャーも本日たくさん届きました。 晴れている日には、お昼過ぎまで、窓から射す光で店内に広がるプリズムをご覧いただけると思います。
明日は、TETOTEの藤武美輪さんと一緒にお待ちしています。 美輪さんは14時半頃までお店にいらっしゃる予定です。 ご来店をお待ちしています。

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

オリジナル湯たんぽカバーができました。

百草の庭の初めてのオリジナル、湯たんぽカバーができました。 開店当初からずっと取り扱いたいと思っていたもので、TETOTEのお二人に制作していただき、ようやく実現することができました。

我が家では、もう10年ほど前から湯たんぽを使っています。 寝る時間の少し前に、布団の腰のあたりに湯たんぽを入れておくと、布団に入った時にとってもいい気持ち。 寝床に入ったら足元に下げます。 布団の中の湯たんぽは朝までほんのり温かいです。 お湯を沸かすひと手間をかけるだけ、省エネで経済的で、いいことばかり。 子供達も寒くなってくると「湯たんぽ入れて~」と言うようになり、今では家族みんながそれぞれ湯たんぽを持っています。
市販のカバーにはなかなか好きなものはなくて、自分で縫ったカバーを使ってきました。 でも、さすが!TETOTEさんにお願いしたらこんなに素敵なものができました。 冬の間は毎日使うものなので、自宅で洗濯ができるよう、シンプルなステッチの刺繍でしっかりとした作りのものをお願いしました。 サイズは大きめです。 お湯の量が多い方が断然冷めにくいですから、大きな湯たんぽがお薦めだからです。 金物でもプラスティック製でも、大抵の湯たんぽは入るはずです。 ふっくら綿が入った袋に別布で口布をつけてあるので、紐がしぼりやすく、とても丁寧な作りです。 柄は「クロス」と「ハナ」の2種類。 「クロス」にはページュの色違いもあります。 ぜひ手にとってご覧下さい。

TETOTEさんのブログでも紹介されています →

TETOTE 湯たんぽカバー ¥5,040-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

TETOTEさんの布張り小箱「TUTU」

TETOTEさんとの出会いは、4年前、吉祥寺の焼き菓子屋さんのディスプレイのスペースに展示されていた手刺繍の作品「TUTU」を見たことでした。 わぁ、なんて可愛いんだろうと、見入ってしまったのを覚えています。 その2年後に松本のクラフトフェアでこの「TUTU」に再会し、藤武さんにお会いすることができたのです。 初めて作品を見た時の憧れのような気持ちを忘れずに、これからもご紹介していきたいと思います。

「冬の日の過ごし方」展に向けて届いたキャンドルの刺繍の「TUTU」。 大切な方に贈ったら、思い出に残るプレゼントになりそうです。 中に張られた布もとてもきれいで、アクセサリーや腕時計を入れる小物入れになります。 松ぼっくりなど添えて棚に飾っておくと、これだけで素敵なディスプレイになりますね。
TETOTEの藤武秀幸さん・美輪さんは、東京の昭島市でご夫婦で制作活動をされています。 お二人でデザインを相談しながら、美輪さんが手刺繍をほどこし、椅子張りの技術者でもある秀幸さんが主に縫製を担当されています。 3月にお会いした時に「今年はたくさん新作を作りたい」と話されていたその目標通りに、今年は次々と新作を作られました。 この1,2年の間にぐっと制作の幅を広げて、お二人だからできるもの作りを楽しんでいるように感じます。
12月の展示会には、TUTUの他に、ポットカバー、椅子敷き、写真帖、手紙帖、手鏡、つぼみ巾着、バッグ、ダストボックス … それから、リクエストをいただいているポーチ「小さな船」は7色揃います。 百草の庭オリジナルで制作をお願いしていた湯たんぽカバーも、とても素敵なものができました。 お二人の丁寧な仕事の数々を、ぜひこの機会にご覧下さい。 藤武さんは、1日(木)と3日(土)に在廊されます。

TETOTE 布張り小箱 TUTU 「キャンドル」 ¥3,570-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

motorinue&Lokhmeさんから、たくさん届きました。

motorinue&Lokhmeさんのミシン刺繍の作品が、久しぶりにたくさん届きました。 お名前は「モトリーヌ&ロクメー」さんと読みます。 箱田元子(モトリーヌ)さんと森川茂美(ロクメー)さんのお二人が作る、どれもちょっとユーモラスで楽しい作品ばかりです。
本当にこまかな刺繍なので、デジタルミシンの刺繍だと思われる方もいるのですが、直線縫いのミシンでくるくると布を手で動かして作られているんです。それをお客様にお話すると、びっくりされた後に、「あぁ、それだから温かみがあるんですねぇ」と言われたりします。
お二人とも小さなお子さんのお母さんです。 忙しい子育ての合間に作りためた作品をたくさん送って下さいました。 今回は、ペンケース、平ポーチ、ティッシューケース、カードケース、小ポチ、ガーゼのハンカチなど約40点が納品されました。 ずらり並んだ刺繍を、ひとつひとつ見てみると楽しいですよ。 さんまのペンケースには、かぼすのくるみボタンが添えてあったりして。 「東京タワー」もいいですねぇ。

毎日、NHKの朝の連続ドラマ 『カーネーション』を録画しておいて、夕方、学校から帰宅した娘と観るのを楽しみにしています。 椎名林檎さん歌う主題歌が、しょっちゅう鼻歌で出てきます。 なかなか歌詞は覚えられないんですけど。
『カーネーション』は、昭和のはじめに洋裁店を始めた女性の物語。 冒頭のクレジットタイトルのミシンのシーンを見ていると、時々モトリーヌ&ロクメーさんのことを思い出します。 百草の庭でミシンと言えば、このお二人なので。 以前は縫製のお仕事をされていた箱田さんと森川さん。 ブログを拝見したら、お二人ともご出産前には、すごく素敵な真っ白のベビードレスを作られていました。

                                *        

今週は、常設の展示でお待ちしています。 小川佳子さんの飯碗や直火にもかけられる耐火皿などが並んでいます。 YUZURIHAさんのお茶は、いつもはほうじ茶だけのお取り扱いですが、熱いお茶がおいしい季節ですから、煎茶も注文してみました。ぜひお試し下さい。 倉敷意匠計画室の紙モノなども再入荷しています。
近くの庭園・京王百草園では、紅葉が見頃を迎えているようです。 どうぞ合わせてお出掛け下さい。

motorinue&Lokhme テイッシュケース ¥1,365 ~ ・ カードケース ¥1,890- ~

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

宮崎桃子さんのフェルトの入荷予定変更のお知らせ

本物のドーナッツみたいな宮崎桃子さんの「フェルト・ドーナッツ」。先日の三人展の展示では、津村里佳さんのガラスドームの中に入れていましたが、実は針さしなのです。 フェルトの針さしは、羊毛のもつ天然の油分で針が錆びにくいという良さもありますね。 宮崎桃子さんのフェルトは、羊の毛の色そのままの、天然有色羊毛を使った自然な色が魅力です。 見飽きることのないやさしい色です。

宮崎桃子さんの作品について、入荷予定変更のお知らせがあります。 12月の「冬の日の過ごし方」展に合わせて、くるみなべつかみ・ポットマット・コーヒーフィルターケース等が入荷予定とお伝えしていましたが、宮崎さんのご事情により、今回の納品は見送られることになりました。 ご予約をいただいていた方、12月の展示を楽しみにして下さっていた方には、大変申し訳なく思っております。 今後の納品については未定ですが、また制作に向かえるようになるまで、ゆっくりお待ちしたいと思っています。 どうぞご了解下さいますようお願い申し上げます。

厚手の四角いコースターと薄手の丸いコースターについては、5色全て在庫があり、 楕円のコースターも少しだけあります。 また、壁掛けくつしたは、大・中・小の3つのサイズがいろいろな色の組み合わせでご覧いただけます。 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

宮崎桃子 フェルトドーナッツ (こげ茶)  ¥1,575-

Category: 布・革・羊毛・ニット

TETOTE 手刺繍の写真帖

「手がつなぐこと・もの」をテーマにご夫婦で制作活動をされているTETOTEの藤武さん。奥さまの美輪さんが刺繍をし、椅子張りの技術者である秀幸さんが布と革を扱い、お二人だからできるものを作り出しています。 今年は次々と新作を作られていて、活動の幅がぐっと広がっているよう。 これからが楽しみなお二人です。
今日は写真帖をご紹介します。革の表紙を開くと丁寧に手刺繍が施されていて、2面を開いて立てるだけでなく、折り返して革紐で止めて横型にして使うこともできるように工夫されています。

 

写真帖を閉じると、こんな風にシックな感じになります。この形で大きさは縦14.5cm×横12cmほど。革の大きなボタンにくるくると革紐を巻いて止めます。

明るい茶の革と麻色の布を使った「タンポポ」と、ベージュの革と水色の布の「チェーン」の2点を展示しています。 ご出産祝いに選んでいただくことの多い作品です。 TETOTEさんの手刺繍の小物は、乙女な贈り物を探している方にぴったりですよ。
この他、布張り小箱「TUTU」、ポーチ「小さな船」、ハナミズキの葉の革のブローチ、つぼみ巾着、フラットバッグなども届いています。 ぜひ手にとってご覧下さい。

TETOTE  写真帖 ¥6,300-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

TETOTE 手刺繍の小物

TETOTEさんの手刺繍の小物が入荷しました。 麻の布にバラと露草のやさしい刺繍です。

ふっくらとした蕾のような「つぼみ巾着」。 幅約10cm・高さ約13cmほど、小ぶりなカップが入るくらいの大きさです。職場に歯磨きセットを置かれている方は、その入れ物にいかがでしょう。 そんなもったいなくて使えないわ~と思われるかもしれませんが、毎日使うものだからこそ、少し贅沢をするのもよいかなと思うのです。手にするたびに楽しい気持ちになれるかもしれません。

こちらは、また違った趣きのざっくりとしたフリーハンドの刺繍です。船をイメージして、何度も型紙を起こして作り上げたという素敵な形のポーチ「小さな船」です。底が反り返ったとても凝った形なのです。ぜひ手にとってご覧下さい。 赤と茶色が加わって、4色からお選びいただけます。 筆入れにも小物入れにもなり、男性にも女性にも贈り物にお薦めです。

TETOTEの藤武さんには、今、百草の庭の初めてのオリジナル作品の制作をお願いしています。お店を始める前から、必ず取り扱いたいと思っていたものなのです。なんだと思いますか。11月の冬支度の頃にお目見えします。

TETOTE 「つぼみ巾着」¥3,150- ・ 「小さな船」¥4,410-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag: