カテゴリー別アーカイブ: 布・革・羊毛・ニット

motorinue&Lokhmeさんのミシン刺繍のペンケース

  

  
  
motorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー)さんのミシン刺繍の小物は、コポチがいちばん人気で少しずつ数は減ってきましたが、まだまだお薦めのものがたくさんございます。
そして、なかなかまとめてご覧いただく機会がないと思うコバッグ・ペンケースがまだ残っていて、狙い目ではないかと思っております。
がま口もまだまだお選びいただけます。
最終日なら行けるけど、もう少なくなってしまったかなぁ…なんて思われていた方は、ぜひぜひ楽しみにお出掛けください。
  
  
通信販売につきましては、10月中にブログでご案内期間を設ける予定です。
これまで掲載した作品の中で、これが残ったらぜひというご希望があれば、先にお知らせください。少しお時間をいただきますが、順次詳細をご案内させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
  
  
motorinue&Lokhme  ペンケース 2,600円~2,700円+tax
※ポケット付きの鉛筆柄(3,000円+tax)もございます。

  
   

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

『すてきなあなたに』

  

  
  
今月は、書店 ‘青と夜ノ空‘さんがセレクトしてくれた本も販売しています。
新刊本と古書どちらも一緒に販売していて、古書には巻末に水色の値札がはさんであります。

いつものお店のもの達の中に本がある風景はとてもよいものです。
自宅でもこうしてその時の気持ちにあった本を飾っておきたいものだと思いました。
  
     

    

『暮らしの手帖』連載の『すてきなあなたに』のよりぬき集。こちらは古書が届いています。
美しい装画だと思ったら、ミナペルホネンの皆川明さんが手掛けられたものでした。

年月を経ても、素敵なことだなぁと感じ、自分も心掛けたいと思うことが随所にあります。
遠藤素子さんは、『すてきなあなたに』を全巻持っていて時々読み返しているそうです。選り抜き集があるんですね、と昨日おっしゃっていました。
   
    
左のポーチは、アトリエか猫さんのシルクスクリーンによるハンドプリントの作品「句読点」。洒落たプリントのお薦めの一点です。
現在 Online shopからもお求めいただけます。
   
   

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

motorinue&Lokhmeさんのミシン刺繍のがま口

  

motorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー)さんのがま口3つのサイズのうちの中と小です。  
布をくるくると動かして一筆描きのようにミシンで刺繍をしたり、アップリケや手刺繍を加えてひとつひとつ丁寧に作られています。
くすっと笑いを誘うようなところが持ち味です。

ハリネズミの方は、初お目見えのミニミニサイズです。
500円玉数枚でいっぱいになるくらい、すごく小さくて可愛いですよ。
アクセサリーや常備薬の携帯に良さそうです。
  
     

  
新米の季節、お米に感謝の気持ちをもって一粒一粒刺繍したと伺いました。
ピカピカのお米に見えます。タイトルは「いただきます」。
  
      
どれもこれもご紹介したくなりますが、もうひとつ。
草をはむ「やぎ」のコポチと、「クロヤギシロヤギ」の文庫本用ブックカバーです。しおりの先にお手紙のくるみポタンがついています。
   

  
 
10月の営業日 
10月6日(土)-12日(金) 11:00-17:00 
※9日(火)はお休み
gallaley maroomにて
  
  

Category: 布・革・羊毛・ニット

motorinue&Lokhmeさんのミシン刺繍

   

   
   
motorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー)のお二人から、ミシン刺繍の小物が60点届きました。なかなか選び甲斐があると思います。
アイテムは、コバッグ・がま口(3サイズ)・文庫本用ブックカバー・ペンケース・コポチです。
   
コポチは、スナップ留めの小さなポーチ。
アクセサリーを入れるくらいの小さなものから、メガネやスマホが入るような縦長のものまで、いろいろな大きさと形があります。
  
     

   
  
クリ・さんま・ピーナッツなど秋のモチーフのコポチ。
今回のおにぎりは「おかか」のようです。文字が見えますか。
さんまの刺繍は裏側にもお楽しみが隠れています。
  
   
お待ちくださっていたファンの方達にご覧いただければ嬉しいです。
どの作品もそれぞれ内布との組み合わせも素敵なので、ぜひ手に取ってご覧ください。

  
   

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

motorinue&Lokhmeさんのミシン刺繍の小物

  

10月の展示はとても楽しい雰囲気になりそうです。
1年ぶりにmotorinue&Lokhmeさんのミシン刺繍の小物が入荷します。

motorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー)は、直線縫いのミシンで絵を描くように刺繍をしている2人組のユニット。
空飛ぶクジラ、きりんの親子、バク… ユニークなモチーフ選びに心くすぐられます。

今回は、大中小3つのサイズのがま口・ブックカバー・ペンケース・コバッグ・コポチ、50点あまりを展示いたします。がま口は、昨年までのふたつのサイズに加えてもっと小さな豆がま口が加わったようです。新しい柄もご覧いただけると思いますので、どうぞお楽しみに。

motorinue&Lokhmeさんの小物は、我が家でも家族みんながそれぞれなにかを愛用しています。
ご家族皆さんで、ご友人と誘い合わせて、お一人でふらりと。
楽しい作品を見にぜひお運びください。


   
    
   *
    
常設品は、新着のものを優先して展示していきます。
motorinue&Lokhmeさんの作品がこんなにたくさん届くことが分かり、嬉しい驚きです。
限られた空間なので、昨日掲載した常設品のリストのすべては並べきれないかもしれません。でもギャラリーに持っていきますので、これはありますか~とお気軽にお声掛けいただければ、ご覧いただけるようにいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
  
  
 
  

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

TETOTEさんのバッグ「スクエアトート」

 

  
    
先日、TETOTEさん撮影のお写真でもご紹介した今夏の新作の「スクエアトート」です。
納品されて初めて見てみると、思っていたよりもずっと大きなバッグでした。
寸法の記載がないと、いつもお客様はこんな感じでそれぞれの想像で大きさをイメージしているのだなぁとよく分かりました。なかなか記載が追いつかないのですけれども..。

こちらは縦横約41cmで大判のファイルなどもたっぶりと入るサイズのバッグで、ゆったりした革の持ち手が付いています。
タイトルは「石」。想像によっていろいろなものにも見えてくる刺繍です。
  
  

    
左下の石の刺繍は、糸を長く渡し細かく糸で留めているんですね。
この他にも織物のよう糸が交差する感覚の表現もあって、ひとつひとつ新しいことを取り入れられているなぁと感じます。
内側にはファスナー付きとオープンの2つのポケットがあり、縫製の丁寧さはいつも安心。
とても洒落たバッグです。
   
スクエアトート「石」 29,160円  Sold out
横41cm×縦41cm 革の持ち手約38cm 裏面は無地

  
  *

週末の2日間で、是枝優喜子さんの作品は完売いたしました。
また、TETOTEさんのTUTUが嬉しいことに好評で、7日の2枚目の写真の左奥のブルーグレーの「overlap」1点のみになりました。貝殻バッグ・八角ポーチ・立体刺繍の赤い花のブローチなど魅力的な作品はまだまだございます。

mitomeさんの作品は100点以上の展示で大変見応えがあります。
これだけの作品が揃う予定は当分ありませんので、ぜひご覧いただきたく思います。

本日から金曜日まで、皆様のご来店をお待ちしています。
  
  
9月の営業日    
8日(土)-14日(金) 11:00-17:00
10(月)はお休み
gallaley maroomにて
  
  

  

Category: 布・革・羊毛・ニット

TETOTEさんの手刺繍のバッグと小物

   
   

  
  
9月の常設展に合わせて、久しぶりにTETOTEさんの作品が入荷します。

テキスタイルの模様のように布を埋めてゆく藤武美輪さんの刺繍。
その布を、ご主人の秀幸さんが型紙作りと縫製を担当してオリジナルな形に仕立てているところがユニットTETOTEの魅力です。
今日は、TETOTEさんから届いた納品予定の作品の写真でご紹介します。
  
  

この「貝殻バッグ」もちょっと他には見られないこだわりの形です。
芯地を入れてギャザーをとり、写真で感じる以上にぷっくり膨らんだ立体的なバッグなのです。
洋装・和装どちらにも合うバッグを探されていた方にとてもお薦めです。
  
  
    

3枚目の写真のブルーのものとこちらの水色のバッグが小さなサイズです。
しっかりとした作りで意外にたくさん入ります。長財布も入るくらいの大きさです。
  
  
    

蓋を開くと八角形なので「八角ポーチ」。
布でくるんだ隠しマグネットで静かに開閉します。そんな丁寧な作りが嬉しいです。

格子の布に刺繍を施した八角ポーチは初めてで新鮮です。
私は、これとは違う色柄ですが、病院に行く時に八角ポーチを使っています。お薬手帳・保険証・診察券・予約票などを入れて。
数年前に母が病気になった時に少しでも楽しく通院してほしいと思い贈ったものでした。今はおさがりを私が愛用しています。使うたびに、いいよねと思います。
    
  
    

この夏の新作のひとつ、オムレットみたいなグラスケース。
マグネットを二箇所に縫いつけているので留め位置を変えるとポーチになります。
メガネをかける方もかけない方も、ぜひ手に取ってみてくださいね。
  
  
    

今回は、それぞれの数は多くないのですが、バッグと小物いろいろなアイテムを納品してもらうことになりました。TETOTEさんのセンスが気になっていた方、作品を初めてご覧になる方にもよい機会だと思います。

リクエストいただいていた布張り小箱「TUTU」は数点届く予定です。
お好みのものがありますように。
ご来店をお待ちしております。
   
  

   *
   
9月の営業日
9月8日(土)-14日(金) 11:00-17:00 常設展
※10(月)はお休み
  
  

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

huitさんの手刺繍のブローチ

  

この猛暑もあり体力を温存しつつの一週間でした。
作品のご紹介が全く追いつきませんが、常設の展示には いつでも様々な素材の作品が並んでいます。

糸で描いた絵画のようなhuitさんの刺繍のブローチ。
可愛くてユニークで、お店番をしながら時々手にして眺めています。

現在お取り扱い中のhuitさんの作品は、また新たな展示の機会まで、今月の営業日で見納めです。Online shopの掲載も明日までで終了いたしますので、気になっていた方は、もう一度ご覧になってみてくださいね。
もちろん店頭で実際にご覧いただけたら、とっても嬉しいです。
  
   

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

online shop更新のお知らせ

 

  
   
明日5日(土)の21時に Online shopを更新します。

掲載予定のマカベアリスさんの作品から、気持ちが明るくなるような配色のチョウチョのブローチです。
帽子に付けると蝶がとまっているみたいです。
  
  
柴崎智香さんの蚊取り線香立てやくるり手付き皿、shioさんの新作の香立てなど、少しですが準備ができたところまで掲載します。
こちらのお品物については、次回の店頭販売分も残しております。
来週から早くも次の展示会の準備が始まるめ、発送業務が追いつかないと困るので、うつわ類は7月末頃にまた掲載したいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
  
  

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

マカベアリス 刺繍作品展「little garden」終了いたしました

 

  
  
マカベアリス刺繍作品展「little garden」と6月の常設展の会期を昨日で終了いたしました。
ご来店くださった皆様に心から御礼申し上げます。

府中のギャラリーmaroomに場所を移して二度目の営業でしたが、初めてのお客様も多くお越しくださり、とても心強かったです。

手芸の本に刺繍の図案の提供のお仕事も多くされているマカベさんの作品展には、刺繍を趣味にされているお客様も多くお見えになりました。
「あぁ やっぱりきれい」とゆっくりご覧になり、またこれを励みに私も作ってみますと、ブローチを大事に持ち帰っていただいたり。他の展示とは少し違う楽しさがありました。

刺繍は、もちろん技術の鍛錬は必要ですが、シンプルなステッチと糸の色彩の組み合わせのセンス次第で 無限に世界が広がるところが私も好きなのです。
  
   *

生花の販売という初めての試みも楽しかったです。
信州から仕入れたばかりのHUTSさんの草花は、瑞々しく、ハーブは香り高く、お客様に喜んでいただけました。また秋の季節のよい頃にご紹介したいです。
なにげない植物がお店のあちこちにある様子はとてもよいもので、いつもこうあれたらなぁと思いました。

信州に移り住み個人の方がお庭で育てられた植物を束ねたものだとお話したところ、マカベさんが「ひとつのお庭から摘んできた感じがします」と、なんとも言えない感想を話されたことをあとからHUTSの荒川幸子さんから伺いました。
  
   *

写真は、絵本『野のはなとちいさなとり』の表紙の原画刺繍です。

初日、HUTSの荒川さんとマカベアリスさんがお店にいらっしゃる時に、絵本の出版社のミルトスの社長さんと担当編集者の方がお見えになりました。
百草の庭での小さな作品展で、パネルに仕立てた原画の展示を初めてご覧いただけることになり、私もとても嬉しく、印象深いひと時でした。
ミルトス社のお二人の帰り際に、入り口の植栽の中に、社名であるミルトス(銀梅花 ギンバイカの別名。英語でマートルとも呼ばれる) があることに皆が気づきました。
不思議なご縁を感じた幸せなエピソードでした。

    

  
【通信販売のお知らせ】

マカベアリスさんの作品は、点数が少なかったアイテムもあり、ブローチ以外は完売いたしました。
絵本とブローチ3点、それから、柴崎さんの燭台・くるり手付き皿などを近日中にOnlie shopに掲載する予定です。改めてお知らせいたします。
  
   
    
  

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:
1 2 3 4 5 6 33