カテゴリー別アーカイブ: 日々のあれこれ

11月15日

 

久しぶりに実家に帰っておりました。
たまの帰省時には、母が遺した植物の手入れをするのが私の役目です。大きな鉢植えも新しい土にかえて、これでしばらくは安心です。

自宅に戻り、その勢いのまま猛然と庭の雑草をとりました。バケツに十数杯分です。
お見せするのはお恥ずかしいような庭ですが、写真は店の窓から見た様子です。これでも雑草を取ったあとなんですよ。こうしてみると、正面の石垣がユキノシタに覆われてほとんどわからないですねぇ。これも明日少し取らないと。
手入れの行き届いた庭には程遠いですが、シダなどの草で半分くいらに見えていた小道や石がすっきりとしてよかったです。

これだけのことが、この数カ月間どうしてできなかったのかなぁ。忙しがるのはよくないぞと反省しています。
お店を始める前には、いろいろな山野草の花が咲く庭でした。手をかけないでいるうちに、ずいぶん消えてしまったけれど、また少しずつ庭と向き合おう、そんな気持ちになりました。
まずは、霜が降りる前に春咲きの球根を植えましょう。
 
  

Category: 日々のあれこれ

: : :

 

今日は、国立をお散歩がてら、一橋大学へ合唱を聴きに行きました。
建築内部も見事な兼松講堂での演奏会でした。
スウェーデンの大学生とのジョイントコンサートで、日本の学生合唱団とは発声や曲調・演奏スタイルが全く異なり新鮮でした。 日本のように現代の作曲家が次々と合唱曲を作り演目に恵まれている国は珍しいのかもしれませんね。 日本には美しい合唱曲がたくさんあって幸せです。
この夏は、高校生・大学生・社会人のいろいろな合唱を聴く機会がありました。年齢によって声質も変わり様相が異なるところも、合唱の魅力だと感じます。

オリンビックの選手たちからもたくさんの感動をもらった夏でした。
  
夏休みは今日で終わり。
明日は久しぶりの営業日です。
大雨の一日になりそうですが、のんびりスタートも良しとしましょう。
  
    *
    
   

おまけのこの絵は、家族で近くに一泊旅行に行った際、ホテルを去るときに娘がデスクのメモ用紙にThank you と絵を描き残したものです。気が付いてもらえたかな。
  
   

Category: 日々のあれこれ

: : :

 
 ギャラリーみずのそらで

休日の昨日は、叔父の歌う男声合唱団の演奏会に行きました。
三善晃編曲の唱歌は、二台のピアノによる伴奏が、伴奏というより合唱との協奏のような面白さでした。
80歳を過ぎた指揮者の田中信昭さんの若々しく求心力のある姿に元気をもらいました。演奏が終わり拍手をもらうたびに、譜面台の上の楽譜を指差して笑うのが印象的でした。こんな素敵な曲があってよかったね、演奏できて嬉しかったよ ! という感じで。

そのあとに、西荻のギャラリーみずのそらさんへ。
クロヌマタカトシさんとナカオタカシさんの、木とFRP(繊維強化プラスチック)による二人展「浮遊」です。タイトルそのままの美しい展示が広がっていました。

久しぶりに西荻の街を歩き、気になっていたお店をいくつかのぞいて、よい休日になりました。
  
  
   *
  
クロヌマタカトシさんがこの店の庭で鳥の彫刻をしながらゆっくり展示会のお客様を待っていたのは、4年前のことです。その頃の写真を見てみると、作品の鳥はまだ幼いようなやさしい顔をしています。
その後、彫刻の道へ舵をきったクロヌマさん。もうここで個展や二人展はできないと思いますけれど、またブローチを届けてくださることになっています。どうぞ気長に楽しみにお待ちくださいね。

何件もはしごできる西荻のような街にあるお店がやはりうらやましい。でもまぁ、また明日からここで頑張ろうと、帰り道の駅前の信号待ちで、むくむくと緑の茂った山を見上げながら思いました。
   
   

Category: 日々のあれこれ

5月31日

 

今日で5月も終わり。
春の間は、入口の扉を開けて営業できて気持ち良かったです。
来月もまだこうしてお迎えできるでしょうか。
  
   *
   
3月から続いた展示会などの仕事が大きくひと区切りつき、5月の営業を終えた途端に気が緩んだのか、昨日からひどい風邪をひいてダウンしてしまいました。体力がなくなったなぁと痛感します。
ご紹介したいものがいろいろあるので、少しお休みをいただいたら、またお便りします。

季節の変わり目、皆様も体調にお気を付けてお過ごしください。
  

Category: 日々のあれこれ

4月17日

 

  
  
熊本地震の被災地の皆様に御見舞い申し上げます。
一日も早く穏やかな日常が戻りますようお祈りしています。
   
  
   *
   
  

休息日の今日は、娘のピアノを聴きたいと言ってくれていたお隣の老夫婦のお宅へ、次女とお邪魔しました。
12年前に娘たちが幼稚園生の時にここに引越してきてから、ずっと二人を可愛がってくれて、おばあちゃんの指がまだよく動いた頃には、同じ先生にピアノを習っていたので発表会で次女と連弾をしたこともありました。
今日は、私も前座で一曲弾くことにしたので、久しぶりに朝から集中してピアノの練習をしました。心がざわついていたけれど、楽譜を見て指を動かす時間は無心だったように思います。また小曲でも練習して聴いていただこう。
  
  
今夜はキャンドルに祈りを込めて。
  
   
  

Category: 日々のあれこれ

初春

  
今日は、東京に初霜が降りて、冬らしい寒さになりました。
すっかり新年のご挨拶が遅れてしまいましたが、2016年、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
  
こんなにたくさん眠ったのは何年ぶりかなと思うくらい、ゆっくり身体を休めたお正月でした。まずは気になっていた雑事を片付けて、少しずつ仕事を再開しています。
  
               *


  
今年の一冊目の本は、小川洋子さんの講演録『物語の役割』でした。
春から大学で国文学を学ぶ長女が、課題で専攻に関連する本を読むということで、書店で一緒に選んだ中の一冊です。
とても良かったので、長くなりますが、特に印象に残った一節を抜粋します。

非常に受け入れがたい困難な現実にぶつかったとき、人間はほとんど無意識のうちに自分の心の形に合うようにその現実をいろいろ変形させ、どうにかしてその現実を受け入れようとする。もうそこで一つの物語を作っているわけです。
あるいは現実を記憶していくときでも、ありのままに記憶するわけでは決してなく、やはり自分にとって嬉しいことはうんと膨らませて、哀しいことはうんと小さくしてというふうに、自分の記憶の形に似合うようなものに変えて、物語にして自分のなかに積み重ねていく。そういう意味でいえば、誰でも生きている限りは物語を必要としており、物語に助けられながら、どうにか現実との折り合いをつけているのです。

  
  
私は、映画ばかり観ている不真面目な学生でしたが、娘と同じ日本文学専攻だったので、書店に並ぶ古典や言語学の新書のタイトルなど見て、懐かしい気持ちになりました。今だったら、もっと真面目に勉強するのになぁ.. とも思いました。
これから好きなことを学ぶ若い人たちが、眩しいようです。
今年は私も、時間を上手に使って、もっと本を読みたいです。
  
               *
   
さぁ、気持ちを引き締めて、この一年も自分の持ち場をしっかり守っていこうと思います。
開店7年目、営業の曜日を定めないように変更させていただき、ひとつの縛りがなくなったことで、気持ちがずいぶん楽になりました。
私が元気になれば、きっとお店ももっと元気になるはずです。
今年も、百草の庭が皆さまにとって心地よい場所であれば嬉しく思います。

  

Category: 日々のあれこれ

2015年 ありがとうございました。

  
今年の営業を、無事に終えることができました。
年の暮れに、「どうぞよいお年を」と声を掛け合って、お客様をお見送りする時は、なんとも言えず満たされた気持ちになります。

今年一年、ありがとうございました。
坂道をのぼり、お店に足を運んでくださった皆さま、遠くで近くで、いつも「庭だより」をご覧くださっている皆さまに、心から御礼申し上げます。
   
年末年始は、12月30日から1月3日まで全ての業務をお休みいたします。
その間にいただいたご注文・お問い合わせには、1月4日(月) 以降にご返信させていただきます。
  
                   *
   
   

通信販売の年内の発送をほぼ終えて、主な棚卸も済ませ、ほっとひと息つきました。
今日になってようやく自宅のクリスマスの飾りを片付けています。

写真の陶器の人形は、私が幼稚園生の時にクリスマス会でもらった思い出のものです。
子供の頃から何度も引越しをしましたが、今も私の元にあって、40年以上クリスマスにはいつも飾っていることになります。私は歌が好きなので、特にこの人形がお気に入りなのかもしれません。
両親も私もキリスト教徒ではありませんが、当時、自宅からいちばん近かったカトリック系の幼稚園に通いました。シスター姿の園長先生のことや園内の教会での静かな礼拝の時間のことを、なんとなく覚えています。卒園式の日の写真が貼られたアルバムのページには、母の字で「お祈りする心を育ててもらいました」と書かれています。

クリスマスには、こんなよい思い出もあります。
長女がクリスマスイヴに生まれ、出産を終えた夜、面会の家族も帰宅してひとり病室で横になっていると、ドアが開き、子供の誕生を祝福してくれるように、廊下で聖歌隊が讃美歌を歌ってくれたのです。この偶然に感謝したのでした。

長女は高校3年生、今年18歳になりました。
合唱部の活動に明け暮れた高校生活でしたが、こつこつ勉強してきたことが実を結び、幸いにも推薦で希望の大学に進学できることになりました。入試前に、お風呂の中でも世界史の年号をつぶやいて猛ダッシュをかけた私とは大違いです。
その娘が、先日、アルバイトを始めました。まだ慣れないことも多く、疲れた様子で帰ってくる日もありますが、「あぁ、今日はだるくてバイトに行きたくない」と暗い顔で出掛けていった日に、「身体を動かして仕事をしていたら、ぽかぽかしてきて元気になった」と、帰宅後にさっぱりした様子で言った時は、嬉しかったです。こんなことを繰り返しながら、大人になってゆくのでしょう。
私も、仕事も家事も、もっとまめに動いて、元気を出していこう! と思います。

                   *

二日遅れのクリスマスの話など、長いお便りにお付き合いくださり、ありがとうございました。

先にお知らせしました通り、来年から、お店の営業日が変わります。
ご来店くださった方はご存知のように、百草の庭は、自宅を使った小さな店で、すべての業務を一人で行っています。常設時の営業・展示会・通信販売、どれも欠かせないものですが、いつも時間に追われて、十分な準備ができないことが悩みでした。営業日を集約することで、それぞれの仕事に、より丁寧に取り組めるようになると思います。
「日曜日(水曜日)が仕事の休みなので、お店に行けない」というお声をたくさんいただいていましたので、そのようなお客様も新たにお迎えできれば、嬉しく思います。ぜひ足をお運びください。
気持ちも新たに、より充実したお店作りに努めてまいります。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
  
   
皆さま、お健やかに、よいお年をお迎えください。
  
  
   

Category: 日々のあれこれ

侘助の実

日ごとに秋が深まってゆきますね。
今年は、夏にさよならを言えないまま突然に秋がきたようでしたが、長く楽しめると思っていた秋も急ぎ足で過ぎていきます。いちばん好きな季節だから、その移り変わりを見逃さないようにしたいです。

先日、実家に帰省した折に、庭の椿・侘助(ワビスケ)にたくさんの実がなっていました。
昨年、母が亡くなり、花がらをつむ人がいなくなってしまったので、椿の花がみんな結実したわけです。気付かずに過ごしていた父と私は「椿の実って、こんなに大きいんだね」なんて、驚いてしまいました。
その実がはぜて種が落ちたあとの姿が、とてもきれいだったので持ち帰りました。
こうしてテーブルに置いて見ていると、木工のオブジェのようです。

                     *
     
秋は展示会が続きますが、今週は、また常設に戻ってのんびりと営業です。
展示替えしたお店の様子を、見にいらしてくださいね。
木曜日からの3日間、お待ちしています。
    

Category: 日々のあれこれ

どうぞお気をつけて。

  
長く雨が降り続きましたが、日野市はそれほどの雨量ではなく、今日も降ったり止んだりの一日で、のんびり店番をしていました。
仕事を終えて、夕方テレビをつけたら、栃木県・茨城県に大雨による大変な被害が出ていて驚きました。この地域にも山や川があるので、他人事ではない気持ちです。
通信販売のお客様の宅配便の伝票に書いた記憶のある市や町がニュースで読み上げられるたびに、お会いしたことのない方達も、どうされているかと案じています。どうぞお気をつけてお過ごしください。これ以上被害が拡大しませんように。
   

Category: 日々のあれこれ

9月1日

今日から9月。
東京の多くの学校は、今日が2学期の始業式です。
子供の悲しいニュースのない、穏やかな一日であってほしいです。

庭の木々を見ていると、毎年たくさん花を咲かせているのに、ある年だけまったく咲かなかったり、みかんの木は、たくさん実をつける年と少ししか実をつけない年を繰り返したりと、毎年繰り返す営みの中にもそんな変化があります。ほとんど肥料をあげていないからだと思いますが、植物は、自分が弱ってしまわないように、誰に教えられることもなく、休んでいるのですね。
子供たちも大人も、こんな自然の姿をよく見ていれば、人も少し休む時があってもいいのかもしれない、って気付けるかもしれません。
   
                     *
     
学校の夏休み中は、どうしても私の仕事ものんびりペースになってしまいます。娘たちはもう高校生なのですけれど。自宅で仕事をしていると、都合のよいことも悪いこともありますね。
「庭だより」の更新も、すっかりスローペースになっていましたが、また今日から張り切って更新していきたいと思います。

今日の写真は、石垣の上から枝垂れる萩の花です。
庭には、秋のの七草がもうひとつ、ホトトギスの花も咲き始めました。
今週はいつも通り、木・金・土曜日に営業します。皆さまのご来店をお待ちしています。

Category: 日々のあれこれ