カテゴリー別アーカイブ: 日々のあれこれ

「おやすみおやすみ」

  

  
  
11月は、都合により実店舗はお休みをいただいております。
お問い合わせ・通販のご注文には対応しています。

12月9日から、下記の展示会で営業を再開いたします。

冬の口笛 時計とニット展
12月9日(土)-17日(日) 11:00-16:00  ※土曜日は18:00まで
11日・12日(火)はお休み

ipsilon (手づくり時計)
tsumugi knits 小林 ゆか (ニット)
 
  
   
    *

   
先月、体調不良のための休業をお知らせしてから、大変ご心配をお掛けしています。
通販のご注文の際にも、体調のことを気遣ってコメントを書いてくださるお客様が多くて、あぁ、お店も私も愛されてるなぁ~なんて幸せに思っています。

健診の再検査の結果、私の楽観的な予想に反して治療の必要な病気と診断されました。
当初、11月中に治療を終わらせるつもりで早々に休業を決めてしまったのですが、病院の都合で、入院を伴う主な治療は1月に行うことになりました。ですが、今月は一度決めた通りお休みをいただいて、気持ちも身体も十分に力を蓄えてから治療に進むことにさせていただきました。
仕事をすることは差し支えないので、12月には一旦営業を再開し、1月にまたお休みをいただくことになります。ご了承ください。

考えすぎてなにをするにも時間がかかる性格なので、展示会が増えてきたこの数年間は、お店の運営が自分一人でできる範囲を超えていたように思います。(相変わらず小さな店で細々と営業しているには違いないのですが。) これを機にリセットして、仕事も暮らしも整え直そうという前向きな気持ちでいます。
自宅で営む店なので、仕事を頑張れば頑張るほど家に籠ってしまいがちでしたが、やはり人は太陽の光を浴びて歩かないと、ダメになってしまうんじゃないかなと感じています。これからは、空を見上げてたくさん歩きます。歩きながら、私に続けられるお店の在り方について考えていきたいと思います。
  
  
休業中ではありますが、スローペースで仕事は続けています。
12月の展示会のDMの原稿をようやく入稿できて、ほっとしているところです。
初めての時計とニットの展示で、写真を撮りながら、とても新鮮な気持ちでした。
入荷しているものもありますので、12月にぜひご覧いただけますよう、また少しずつご紹介していきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
   
   *

今日のお写真は、お取り扱いを始める前に、個展に足を運んで自分のために選んだ柿本芳枝さんのパステル画。「おやすみおやすみ」です。

  

Category: 日々のあれこれ

mitome tsukasaさんのイヤリング

 
次回常設展  
9月3日(日)-5日(火) 11:00-17:00

  
8月は長いお休みをいただき、ありがとうございました。
9月からまたいつものお店の始まりです。
どうぞよろしくお願いいたします。

本当は、お店は長く休んだらいけないなと、長いお休み明けにはいつも思います。
十分なお品を用意できているのか、またお客様に来ていただけるのか、ちゃんとお店番をつとめられるのか、心配で身体が動かないような感覚です。

でも、テーブルに商品を並べ始めると、うん、いいものばかりだ、とちょっと安心します。
mitome tsukasaさんのアクセサリー、柳弘之さんのハーバリウム、栗原志歩さんのペーパーウェイト。みな素敵です。ぜひ見にいらしてくださいね。
   

  
   
mitome tsukasaさんのピアスとイヤリングが多数入荷しています。
10月までの期間限定でお取り扱いさせていただけることになりました。
ノンホールピアスと呼ばれる樹脂製のクリップ式のイヤリングは30点ほどご覧いただけます。このタイプのイヤリングが初めての方も、この機会にぜひお試しください。ねじ式のイヤリングに加工し直すことも可能です。(加工費については別途お見積りいたします。)

写真のイヤリングは「nido」。フランス語で「巣」という意味です。鳥の巣ですね。
mitomeさんの作品の中では、かなりガーリーな感じかな。可愛いです。
  
  
mitome tsukasa イヤリング 「nid」
横2.2cm×縦1.7cm  真鍮 8,640円 / シルバー 11,340円

  
  
   

Category: 日々のあれこれ | Tag:

夏季休業のお知らせ

 

7月の常設展に暑い中お運びくださった皆様、ありがとうございました。
motorinue&Lokhmeさんの ‘コポチ100展’ を終了いたしました。とっても迷いながら楽しそうに選んでくださる方が多かったです。どんなものを入れて使ってくださるのか、その様子を嬉しく拝見していました。お選びいただいたものが、バッグの中の小さなお楽しみになりますように。
  
8月は店舗は長い夏期休業をいただきます。
大変ご不便をお掛けしますが、暑さが峠を越えた頃にまた皆様にお会いできることを楽しみに、この間に落ち着いて業務を見直し、通販のご案内などを進めたいと思います。仕事も家の中のことも、整理整頓したいモノとコトがたくさん。ここでしっかり立て直しです。
営業日を設けようか迷っていましたが、自宅で営んでいる事情があり、夏の間はここを家族の静かな場所に戻したいと思います。下の娘は高校3年生で、受験勉強に励む夏休みです。私のできることはほとんどありませんが、いつもより少し手を掛けておいしいご飯を作りましょう。
  
   *

東京は、昨日から気温が下がり、ひと息つきました。
今日の写真は、お店の窓から間近に見えるナツハゼです。紅葉が早く、夏にハゼのように紅くなるから「ナツハゼ」と名付けられたとか。この写真は以前撮ったものなのですが … 今年もこんな風にもう所々色付いています。

店舗の夏季休業中もお便りを書きますので、どうぞお付き合いください。
明日の夜には、私が選んだコポチ30点とがま口をブログでご紹介して通販のご注文をお受けする予定です。遠方の皆様にも少しでも楽しんでいただければ嬉しいです。
   
  

Category: 日々のあれこれ

5月29日

 

今日は一日事務仕事をしていました。
窓の外は、本当に気持ちのよい初夏の光。

猫が池の水を飲みに来ました。
時々現れて庭に佇んでいるきれいな子です。
たぶん飼い猫で、帰る家があると思うのですが、それなら池の水なんて飲みに来ないかなと心配になります。

草木は目に見えるようにぐんぐん成長していて、庭はほぼ緑一色に見えます。
この数年の間、なんだか気忙しく植物に手をかけずにいるうちに、ずいぶん山野草が消えてしまいました。また少しずつ花を植えたいです。
こんなことを去年も書いていた気がしますが。
まずは明日の朝、必ず草取りをしようと思います。
  
  
  

Category: 日々のあれこれ

ありがとうございました

 

mitome tsukasa 葉音のアクセサリー展は、会期を終了いたしました。
足をお運びくださった皆様に心から御礼申し上げます。

珍しく会期後半にお客様が増えていくというありがたい展示会で、終始和やかにゆっくりと作品をご覧いただき、最終日までよいご縁に恵まれました。
mitome tsukasaさんのアクセサリーを身に付けてきてくださる方も多く、それぞれお似合いでとても嬉しかったです。今展でお選びいただいたものも、また小さな日々の楽しみのひとつとなりますように。
   
   *
   
会期中に季節は春から夏へ。
私にとって丁子草は夏を告げる花です。

3月から続いた春の展示会を終えてほっとしています。
次回の営業は常設展です。平野日奈子さん・柳弘之さん・huitさん・card-yaさんなどの展示会でご覧いただいた作品もまだいろいろとあり、津村里佳さんのガラスが入荷したので、とても充実した展示をご覧いただけそうです。
mitome tsukasaさんの作品は、40点ほどを引き続きお取り扱いしています。会期中にご覧になれなかった方はぜひお出掛けください。

■次回の営業日のお知らせ

5月17日(水)- 21日(日) 11:00-16:00  常設展
20日(土)は18時まで営業します。
  

   *

昨日は、猛スピードで個展の搬出を終わらせ、楽しみにしていた男声六連の演奏会に行ってきました。私は合唱が好きで、中でも男声合唱が好きなのです。
六大学それぞれに個性があり聴きごたえのあるステージでした。慶應ワグネルの変わらぬやわらかな歌声に魅かれます。宮部みゆきの小説『ブレイブ・ストーリー』を原作とした合唱組曲にチャレンジした早稲田グリーの舞台は天晴でした。
総勢150名を超える合同ステージは、宮沢賢治の『永訣の朝』の熱演。続くアンコールは八木重吉 詩 / 多田武彦 作曲の『雨』でした。この曲を歌ってくれました。第一声から泣いてしまいます。雨森文也さんの指揮に導かれて学生達は歌い切った感じでした。幸せな時間でした。
  
   
   
    
雨のおとがきこえる
雨が降っていたのだ
あのおとのようにそっと世のためにはたらいていよう
雨があがるようにしずかに死んでいこう

八木重吉『雨』
  
  

Category: 日々のあれこれ

3月

 

今週は、お店のご案内は小休止となっていました。
確定申告の作業や打ち合わせなどが続く中で、久しぶりに仕事を全く離れて「お客さん」になって、あちこち見たり味わったりできた日もありました。丁寧な接客に心温まることがあり、こういう時間は大切だなと感じました。百草の庭も、わざわざ来てくださった方にこんな楽しい気持ちになって帰っていただけるようでありたいと、お店として当たり前のこと、でも一番大事なことを改めて思うのでした。

そんなことをしている間に暦は3月に。

3月はふたつの展示会を予定しています。
今日は、後半の平野日奈子さん・柳弘之さんの二人展のDMを発送しました。
ご縁あっていつもDMを置いてくださる地元の美容院やカフェやお蕎麦屋さんやギャラリーの皆さんには、本当に感謝です。
定形外郵便は切手の選択に迷います。記念切手のストックの中からだと、なかなかぴったりの金額にはならず、いつも数円オーバーです。今日は、ディック・ブルーナさんを偲んで、この可愛らしい切手を選びました。

午後は、柳弘之さんの工房へ。
制作中のいろいろな作品を見せていただきました。
 
 Phot:柳弘之

玉縁仕上げの大鉢がとても素敵です。2種類の仕上げのものを用意してくださるそうです。
二人展のご紹介は、また改めて致しますね。

来週からは、4年ぶりのきたのまりこさんのアクセサリー展が始まります。
こちらはDMも作らず、常設のお品物もあわせてご覧いただく小さな展示となりますが、きっと、まりこさんの創作のエッセンスを楽しんでいただけると思います。
ぜひ楽しみにお待ちください。
  
  
 

Category: 日々のあれこれ | Tag:

「はけの朝市」 ありがとうございました

 

昨日の「はけのおいしい朝市」には、寒い中たくさん方にご来場いただき、ありがとうございました。
一年ぶりの出店ですから、初めてのお客様が多い中で、何度がお店に来てくださっている方のお顔を見つけるたびに、とても嬉しくほっとしました。

昨日の出店者は、私以外の皆さんは、パン・お菓子とデリ・珈琲・お花という顔ぶれだったので、新鮮な一日でした。
いろいろお話する中で、物販とは違うご苦労や面白さを感じました。お菓子の仕込みの段取りのこと、早朝の花市場で常に仕入れの決断を迫られることなど、私には無理だなぁ..なんと思ったり。とても勉強になり、励まさられました。

昨日、Petal.さんで購入した珍しいラナンキュラスの花。
重なった花びらのフリルやエレンガントな色が本当にきれいです。こういう花は、1本のお値段も高いけれど、いつ会えるか分からない出会いの花という感じがします。
  
  

Category: 日々のあれこれ

初春

 

  
  
明けましておめでとうございます。

今年は家族揃ってのんびりお正月を過ごし、今日から仕事始めでした。
棚卸しの続きを済ませ、ご注文品の新年第一便を発送し、作家さんからの納品もあって、ようやくエンジンがかかりました。

今日は真っさらな手帳を開き、一年の予定を書き入れていきました。
今年最初の展示会は3月。1 ,2月は常設で営業します。
なかなか難しいことですが、今年は常設展にたくさんのお客様に来ていただけるように、コツコツ頑張りたいです。数少ない展示会はもちろん全力投球でいきます。

2017年が皆さまにとって幸多き年でありますように。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
  

Category: 日々のあれこれ

2016年 ありがとうございました

 

春を待つヒヤシンス。
根っこが出てきたので、今日から明るい場所に置きましょう。
懐かしのSugar Babeを聴きながら、今年はまぁるく大掃除です。
ひと休みしたらお正月の支度を始めます。
 
   *
  
今年一年、百草の庭をご利用くださった皆様、遠くで近くで「庭だより」をご覧くださっていた皆様、ありがとうございました。
いつもいつもお客様の温かな言葉に励まれています。あるいは言葉は届かなくても、どこかでこのお便りを読んでくださっている方がいることが大きな喜びです。
来年もよいお品物をご紹介できるよう努めてまいります。

お健やかに、どうぞよいお年をお迎えください。
  

Category: 日々のあれこれ

三人展「冬語り」 終了しました。

 

三人展「冬語り」は、本日会期を終了いたしました。
雪のガーランドが揺れる空間で過ごした8日間、最終日の閉店時間までお客様に恵まれ、楽しい時間でした。脚をお運びくださった皆様に心から御礼申し上げます。

この展示会で特に嬉しかったことは、三人の作品である和紙と鉄のろうそくを、どれも一点ずつ選んでくださるようなお客様がとても多かったことです。いい企画展だったと言っていただけいているようで、嬉しかったのです。
また、これまで通信販売だけご利用になっていたお客とまが数人お見えになったことも。想像していた通りの温かなお店だったと言っていただけたりして、また頑張っていけそうだと思いました。
  
今年の営業は残すところあと4日です。
三人展の作品は、引き続き常設展でも展示させていただけることになりました。展示会でしかご覧いただけない作品を、少しでも多くの方にご覧いただければ幸いです。
  
  
写真は、庭の塀の上の猫さん。
猫好きの作り手三人が呼び寄せたのか、会期中に庭に近くの猫がたくさん遊びにきました。
  
  
 

Category: 日々のあれこれ