カテゴリー別アーカイブ: 散歩・近くのお店

たくまポタリーさんのうつわ

 

今年もこのCDを取り出して、コーヒーブレイク。
うつわは、愛用しているたくまポタリーさんのものです。
てらいのないきれいな形の灰釉細リム皿。5.5寸は出番が多いです。
マグはカップからつながる持ち手の柔らかなラインが気に入っています。

この二点は私物で、23日からの宅間さんの個展にどのようなうつわが届くかはまだ分かりません。ご要望の多いお皿を多めにとリクエストしています。
それから当店では初お目見えの耐熱器もご覧いただける予定です。
どうぞお楽しみに !

たくまポタリー 日々のうつわ展
11月23日(祝)-30日(水) 10:30-17:00  28日(月)はお休み

※常設のお品物も一部展示いたします。あわせてお楽しみください。
 
   *
  
今日のスペシャルなおやつは、隣駅の聖蹟桜ヶ丘のルププランさんの栗のタルトでした。うっとりするようなきれいな形で、チョコレートコーティングの下にたっぷりマロンクリームが入っていて、とってもおいしかったです。
le poupelin(ルププラン) HP →
  

Category: 散歩・近くのお店, 陶磁器 | Tag:

6月の営業のお知らせ

6月のベリーという名前通りに、ジューンベリーの実がいい色に熟してきました。 ムクドリに全部食べられてしまう前に、少しは収穫してジャムにして楽しみたいと思います。
今月の営業についてお知らせします。

6月と7月は、土曜日のみ午後6時まで営業致します。

6月7日(土)  Tette.さんの自家製酵母のパンを販売します。
6月20日(金)・21日(土)  大変勝手ながら、臨時休業させていただきます。
6月22日(日)  11:00~18:00 臨時営業します。

第3週目が変則的な営業です。 20・21日は、学校行事が続くため、大変勝手ながらお休みをいただき、通常は定休日の22日(日)はお店を開けることにします。 「お知らせ」のページのカレンダーでご確認ください。 また、6月・7月は、土曜日は夕方6時までお店を開けてお待ちしています。

今週から、「ガラスの愉しみ」と題して、目にも涼やかなガラスの器をたくさんご紹介していきます。 このところ「庭だより」をなかなか更新できずにいますが、来週からはたくさんお便りしていきたいと思っています。 さこうゆうこさんのカラフェ・西山芳浩さんのしのぎグラス・沖澤康平さんのワイングラス・津村里佳さんのキャニスターなどなど、お薦めのものがいろいろ。 それぞれに作家の個性が感じられて、ガラスには様々な表情があることを実感します。
     
       

ガクアジサイに似ていますが、ヒメヤブデマリの花です。 花びらのように見える装飾花は、実は萼片(がくへん)で、それに囲まれた小さなつぶつぶが本当の花なのだそうです。 大小に裂けた萼片の形が、小さな蝶々みたいに見えますね。

隣駅の高幡不動尊では、紫陽花まつりが始まりました。 ヤマアジサイは今が見頃、西洋アジサイはこれから開花するようです。 ぜひ合わせてお出掛けください。
甘いものがお好きなら、高幡不動駅前のフランス菓子のお店・FUJIUさんも覗いてみてください。 ケーキや焼き菓子だけでなく、チョコレート・キャンディー・マシュマロなどのコンフィズリーもたくさんあり、約200種類のお菓子が並ぶ、お菓子の宝箱のようなお店です。
百草園駅で途中下車して、当店にもお立ち寄りくださいね! 皆さまのお越しをお待ちしています。

高幡不動尊のHPはこちら →
FUJIUさんのHPはこちら →
   
   

Category: お知らせ, 散歩・近くのお店

三人展 会期後半は18(水)から。

三人展 「おいしいパンがあったなら」 
9月12日(木)~21日(土) 11:00~17:00  ※17日(火)はお休み

沖澤 康平 (ガラス) ・小澤 基晴 (陶) ・サノ アイ (木) 

今日も、百草の庭は営業致します。 三人展「おいしいパンがあったなら」の5日目です。 台風の影響が心配されますので、どうぞお気をつけてお越しください。
明日は、お休みをいただき、会期後半は、18日(水)から21日(土)までの4日間です。 後半は、よいお天気が続きますように。 皆さまのご来店を心からお待ちしております。

小澤基晴  ブロンズ釉 しのぎケーキ皿  径18.5cm  ¥2,940-
サノアイ  シュガーポット「砂糖小屋」  ¥5,800-

さて、近くのお店のご紹介です。 今回のDMに写っているクロワッサンは、隣駅の聖蹟桜ヶ丘のパン屋さん・I NOUE BAKERY(イノウエベーカリー)さんのものなんです。 ご夫婦お二人で営んでいる、天然酵母のパン屋さん。 聖蹟桜ヶ丘駅から、川崎街道を百草園方面に7,8分歩いたところにあります。 昨年の秋にオープンしてから、聖蹟桜ヶ丘まで自転車で行くときに、ちょこっとパンを買う楽しみができました。
穏やかな秋の日であれば、INOUE BAKERYさんから歩いて百草の庭に来ていただけると思います。 途中には、日野市内で唯一の酪農家モグサファームが営むジェラート屋さん・アルティジャーノ・ジェラテリアがあるので、ここで休憩するのもよいかもしれません。
川崎街道を歩くだけでは味気ないという方は、一ノ宮の交差点から、庭園・京王百草園の方面へ行き、ぐるりと散策されるのはいかがでしょう。 百草園からお店までの道は、お電話でお気軽にお訊ねください。

Category: 散歩・近くのお店, 陶磁器 | Tag:

紫陽花の季節

お向かいの家から一輪いただいた紫陽花の花、切り花にしてからも日に日に花びらの色が濃くなっていく様子を間近に見て楽しんでいます。 明日からまたお天気が崩れるようですが、紫陽花を見るためなら、雨の日のお出掛けもよいかなと思い、今日は近隣の紫陽花スポットをご紹介します。

隣駅の高幡不動尊では「あじさいまつり」を開催中です。→ 境内の高幡山には、3,000株を超えるヤマアジサイが自生しており、全国から集められた約250種類のヤマアジサイも見頃を迎えている頃です。 紫陽花の鉢植えなどの露店も出ているので、ちょっと珍しい品種のものが見つかるかもしれません。
当店から歩いて10分ほどのところにある京王百草園のホームページをのぞいてみたら、こちらにもきれいな紫陽花の写真がアップされていました。→ 花の数は少ないけれど、こじんまりとした風情のある園内をのんびり散策するのもよいかもしれません。 茅葺屋根の松連庵の売店では、自家製梅シャーベットを販売しています。 百草園は梅で知られる庭園ですが、園内の無農薬の梅で手作りしているものなのでお薦めですよ。

それから、少し先の情報になりますが、7月中旬から8月になると、京王百草園よりさらに南の倉沢地区の農家でブルーベリー狩りが楽しめます。 秋にはりんご狩りもできるんですよ。 多摩丘陵の丘の中、里山のような景色が少し残っているところです。
詳しくはこちらの記事のいちばん下の「百草・倉沢周辺」をご覧ください。 → 日野市観光協会 HP

帰りには、ぜひ百草の庭に寄ってくださいね!

戸田文浩 「柔手 しのぎカップ」 径8cm × 高さ7cm  ¥2,000- Sold out
TETOTE ショルダーバッグ「FUKURO」 シアンブルー  ¥10,920-  Sold out

Category: 散歩・近くのお店 | Tag:

高幡不動尊のヤマアジサイ

東京は、梅雨らしい日が続いています。
昨日は、ふと思い立って、隣駅にある高幡不動尊へ紫陽花を見に行きました。 ヤマアジサイの花がきれいに咲いている時期で、種類ごとに異なる青の色合いや花姿を楽しんできました。 今月ご来店の予定の方は、足を伸ばされるのもよいのではと思い、ご案内します。
高幡不動尊の境内には、地元の小学生が植物の観察に行くような「高幡山」と呼ばれる山があり、3000株を超えるヤマアジサイが自生しています。 全国から集められた約250種類のヤマアジサイもあり、6月には斜面が鮮やかに彩られます。 可憐に咲く花をひとつひとつ見ていくと、 「土佐の清流」「伊予の十字星」「土佐の群青」など、名前に伊予や土佐と付くものが多かったです。 きっとヤマアジサイは四国の山に多く自生しているんですね。

高幡不動尊は、関東三大不動尊のひとつのなかなか立派なお不動さんです。重要文化財に指定されている、平安時代の巨像・丈六不動三尊像を拝むことができます。 知らなければ見過ごしてしまいそうな奥殿に安置されています。 行かれたらぜひご覧になってみて下さい。
それから、ぜひご紹介したいのが、境内のいちばん奥の大日堂の「鳴り龍」です。 龍の天井画の中央の真下に立って手を打つと、本当によく鳴ります。 見事にびいーんと響いたので、一緒に行った友人と思わず「おおーっ」と顔を見合わせたほどでした。
ヤマアジサイは今が見頃です。 6月中旬からは、ガクアジサイやセイヨウアジサイの花が楽しめるそうです。

そして、高幡不動の駅前には「FUJIU」さんという、とってもおいしいフランス菓子のお店があります。 きれいなケーキと焼き菓子の他、キャンデイー・ギモーヴ・ヌガーのような色とりどりの砂糖菓子、チョコレートやパンがお店いっぱいに並ぶ、フランスの伝統菓子の奥深さを感じるお店です。
百草の庭は、今週も木・金・土曜日の3日間営業しています。 ぜひ合わせてお出掛け下さい。

Category: 散歩・近くのお店

自家焙煎珈琲豆のお店「樹庵」

百草の庭から10分ほど歩いたところにある、自家焙煎珈琲豆のお店・樹庵(じゅあん)さんをご紹介します。 庭園・京王百草園に近い、緑の多い住宅街の中にあります。

小さな小屋の中で、好みに合わせて目の前で珈琲豆を焙煎してくれます。 焙煎したての熱い珈琲豆を冷ます装置は、換気扇などを利用した店主さんお手製のもの。こんな工夫を楽しみながら、十数年間お店を続けてきたそうです。
焙煎機から立ちのぼる香ばしい香りの中、できあがりを待つ15分ほどの間に、コーヒーを一杯ご馳走してくれます。私は、数年前からようやくコーヒーのおいしさにめざめたばかり。だから、焙煎のことなどは全く知りませんでした。気さくな女性の店主さんに、深炒りと浅炒りの違いを初めて教えてもらいました。近くに樹庵さんがなければ、ずっと知らないままだったかもしれません。もっとコーヒーのこと、知りたいと思うようになりました。

樹庵さんに向かう途中には栗の木がたくさんあります。散歩がてら訪ねてみて下さい。

【2014年10月 追記】
現在は、ご予約を受けて開店されています。 お電話で予約してから伺ってください。

樹庵(じゅあん)  日野市百草567-5  Tel. 042-592-0926
   

Category: 散歩・近くのお店

薪窯のパン屋さん「ユッカ屋」

【2012年8月追記】
ユッカ屋さんの百草のお店は、残念ながら、先月、移転のため閉店されました。 移転先などについては、ユッカ屋さんのブログでご確認下さい。

先月、薪窯パンと器のお店・ユッカ屋さんが百草にオープンしました。開店以来お世話になっている粕谷修朗さんと奥さまのナツコさんのお店です。

各駅停車の小さな駅・百草園に住んでいて、こんなおいしい自家製酵母のパンを焼きたてで食べられるようになったということは、私にとって嬉しいできごとです !
お店のガラス越しに覗く工房にある、お二人でレンガを積み上げて作ったという白い大きな石窯がとても印象的です。この窯の中で薪で焼かれるパンは、皮がカリッとしていてとても香ばしい。よーく噛んで味わいました。夏みかんのピールとクリームチーズのパン、すごくおいしかったです。
ユッカ屋さんへは、百草園駅からは徒歩約25分。隣駅からのバス停がすぐそばにあります。

「百草の庭」からユッカ屋さんへ行くには、店の裏手の七生丘陵散策路から庭園・百草園の前に出て、そこから倉沢方面へ坂を下っていきます。20分近く歩きますが、緑の多い道ですから、少し涼しくなれば、気持ちのよい散策になると思います。ぜひ合わせてお出掛け下さい。

薪窯パンと器 ユッカ屋
住 所 日野市百草736-3  
Tel・Fax 042-511-8482
定 休 日  火・水・木曜日
営業時間  11:00~18:00 パンが売り切れると早く閉店になることもあります。
  

Category: 散歩・近くのお店

梅の百草園へ

今日は、暖かな陽気に誘われて、近くの百草園へ梅の花見に行ってきました。
梅の名所として親しまれている百草(もぐさ)園には、約50 種500 本の梅の古木があります。

入口の階段を上った正面にある「寿昌梅」は、 江戸時代に植樹されたと言われています。300年もの長い間、毎年花を咲かせ、人々に愛でられてきたのですねぇ。
最近は、八重咲きの梅を多く見かけますが、梅と聞いたら思い浮かべるのは、こんな5枚の丸い花びら。一重咲きの白梅はやっぱりいいなと私は思います。 暖かい陽射しを受けて、今にも蕾が開きそうでした。

その「寿昌梅」の根元には、福寿草の花がたくさん咲いていました。
この時期にはまだ茎が短くて、まるで地面から直に花が咲いているみたいです。まだ寒い早春の日に、力強く咲くこの明るい黄色の花を見たら、誰でも春は近し、と元気が出るのではないでしょうか。 それでこんなにおめでたい名前を付けてもらえたのかもしれません。

「蓮久」という名の八重咲きの梅が鮮やかに咲き、ほんのりいい香りを漂わせていました。茅葺屋根の「松連庵」では、お座敷から池の景色を眺めながら、よもぎ蕎麦がいただけます。

まだ三分咲きといったところでしたが、早咲きの梅をのんびり楽しみました。
「百草の庭」から百草園までは、店の裏手の七生丘陵散策路の石段と山道を10分ほど歩きます。歩きやすい靴でお出掛けになれば、ちょっとした山歩きの気分を味わえるコースです。

Category: 散歩・近くのお店

百草のおそば屋さん「手打蕎麦 むら岡」

今日は、百草の庭から徒歩5,6分のところにある 手打蕎麦 むら岡 さんをご紹介します。

しっかりとコシのあるおいしいお蕎麦はご主人が打ち、奥様は接客を、お嬢さんがお料理を担当され、ご家族で経営されているそうです。 アットホームなおもてなしをしてくださるので、ご家族連れでもお一人でも入りやすいお店だと思います。
私がよくいただくのは、冷やし鴨南。 だしをたっぷり吸った揚げ茄子が入っていて、とってもおいしいですよ。 くるみ汁をつけていただく韃靼(だったん)そばもお薦めです。 春なら「生桜エビのちらしぶっかけそば」、冬なら「きのこみぞれそば」などの季節限定のおそばや、そば粉を使った手作りデザートもあって、メニューが工夫されています。

むら岡さんの前の道です。 梅や栗の木、畑があり、まだ少し里山の風情が残っているところです。
遠くに見える赤い屋根の建物は、日野市で唯一の酪農家である「百草ファーム」です。 牛舎の入口にいる小牛に会えると思いますよ。

「百草の庭」からむら岡さんへ行くには、店の裏手の七生丘陵散策路の石段を上っていき、京王百草園の方向へは右折せずに先へ進み、住宅街をしばらく歩くと、右手に案内が見えてきます。

この竹やぶは、むら岡さんへ向かう途中の風景です。 立派な竹が風に揺れる様は、素晴らしくきれいです。 葉が波打つようにやわらかく動き、植物ではなくて、なにか別のものを見ているように感じるときがあります。

手打蕎麦 むら岡  HP→
住 所   日野市百草515  
電 話  042-592-1257
定 休 日 火・水曜日
営業時間 11:30~15:30

Category: 散歩・近くのお店