カテゴリー別アーカイブ: 金属・アクセサリー・時計

mitome tsukasaさんの鋳金のアクセサリー

mitome tsukasaさんの作品との出会いは、この鍵のネックレスでした。鍵のモチーフというのは、なにか心魅かれるものですが、この植物を写し取ったデザインが、なんてきれいなんだろうと思いました。ひと目で魅かれて購入したその時の真鍮のネックレスは、とても出番が多く、色が少しずつ変化して、いい風合いになってきました。
鋳金の技法で作られる三留さんのアクセサリーは、とても軽くてつけ心地がよいです。この線紐のネックレスは、オリジナルの留め金で長さを調整できるのもありがたいです。素材は、それぞれ真鍮とシルバーの2種類があります。

こちらは「doily」。「doily」というのは、花瓶などの下に敷くレースなどの丸い敷物のことなんです。 ほんとう、レースのよう。繊細な模様が、ひらりひらりと揺れるネックレスです。

左から「namima」「flow」「amadare」という名前がついています。 波、水面を流れる水の泡、雨のしずく、そんな水の姿から形づくられた3つのリングです。

ご紹介した「key」「doily」シリーズのネックレスと、この3種類のリング、真鍮のピンバッジを、現在、お取り扱いしています。 そして、4月23日(土)から始まる企画展・道草マーケットに向けて、こんな春らしい作品も届いています。

ハルジオンのネックレスです。可愛いですねぇ。 道端に咲く花から、こんな作品が形づくられることに 胸が躍ります。 「ハルジオン、ハルジオン」。 その名前が、幸せのおまじないのように思えてくるような。
道草マーケットには、ネックレスやブローチの他、春らしいピアスや新作のバングルなども届けて下さるそうです。楽しみです !

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag:

さこうゆうこさんのガラスドーム

さこうゆうこさんの吹きガラスのガラスドームです。
こちらは直径10cmほどのいちばん小さなサイズのもの。チョコレートやプチガトーをのせたお皿にかぶせて、優雅にティータイムを待つのもよいですが、テーブルの上や棚の上で、ぜひいろいろなものにかぶせてみて下さい。
mitome tuukasaさんの真鍮のブローチ「flying bird」を木の実と一緒に入れてみました。アクセサリー、小さなオブジェ、木の実や貝殻、ドライフラワーなど、ガラスの中に閉じ込めてみると、小さな世界ができて、少し違った表情に見えます。
ドームの持ち手のガラスは、まるでたった今、固まったばかりのような印象を受けます。こんなところに、さこうさんの個性が感じられます。

さこうゆうこ  ガラスドーム (SSサイズ・Ф90~100㎜)  ¥3.150-
mitome tsukasa  鋳金の真鍮ブローチ「flying bird」  ¥6,300-
※メールでのご注文も承ります。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

Category: ガラス, 金属・アクセサリー・時計 | Tag: ,

mitome tsukasaさんの鋳金のピンパッジ

mitome tsukasaさんの真鍮のピンパッジです。
手前のものは「STAR」。とっても素敵な星だなぁと思っています。コートの襟元に、ニットの帽子に、小さな星の輝きを。
その他、手前から、ナスカの遺跡のモチーフ「nazca」や「tori」「green」「flower」「poppy」の6種類が入荷しています。いくつかのネックレスとリングも今年から常設でお取扱しています。

昨日から新年の営業が始まりました。
去年と今年、変わらぬひと続きの日常ではあるけれど、一本の線を引いてまた新しい気持ちで歩き出せるのは、ありがたいことですね。 今年も頑張ります。

mitome tsukasa ピンパッジ ¥1,575-

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag:

Shioさんのお香立て

昨日から東京も急に気温が下がって、いよいよ寒い冬の始まりです。
冬の贈り物に、ご紹介したいものがたくさんあったのですが、風邪をひいてしまい、庭だよりをなかなか書けずに日が過ぎてしまいました。

Shioさんの鋳金のお香立ても、お薦めのひとつです。小さな包みを開けたとき、ぱっと顔が輝きそう。お香を楽しまれる方なら、きっと喜んで下さると思います。 写真の「くま」の他にも、ヤンバルクイナ、わたしのおうち、草むら、いそぎんちゃくなど、たくさんの種類があります。→

百草の庭の今年の営業は、明日18日(土)までとなります。
「小さなお楽しみ」展の最終日です。motorinue&Lokhmeさんのミシンワークの布小物の他、常設のお品物の中から、サノアイさんのりんごの木のバターナイフ、トモタケさんの泥染めのオーナメント、さこうゆうこさんの小さなガラスドーム、小川佳子さんの豆皿箸置き、西山芳浩さんの吹きガラスのモール豆鉢、OPEN STUDIOさんの卓上ほうき、mitome tsukasaさんの真鍮のピンバッジ、富井貴志さんの茶匙、倉敷意匠計画室の白磁のテープカッター、可成屋 和操さんのいちごミルクの2層ジャムなどなど、小さなお楽しみをたくさん揃えてお待ちしています。

遠方のお客様のメールでのご注文にも個別に対応させていただいています。庭だよりをご覧になって、気になるものがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。メールでのご注文は、18日以降も承ります。

今夜は、だいぶ冷えそうです。皆さんもどうぞ風邪に気を付けてお過ごし下さい。

Shio 鋳金の香立て「くま」 ¥3,000-

Category: 金属・アクセサリー・時計

道草マーケット・mitome tsukasa


mitome tsukasaさんの真鍮とシルバーのアクセサリーと、ピンバッジやボタン。鋳金の技法で作られたものです。繊細ではかなげで、けれどとても強い印象を残します。

どの作品もモチーフの美しさが印象的です。どんなふうに形を決めていくのか訊ねてみると、はじめは水面の泡の流れゆく様をイメージして制作を始めたそうです。そして最近は、近くに自生している雑草や庭木の枝葉や花など、植物からインスピレーションを受けて制作することが多いのだとか。「花や葉の三次元的なカタチというよりは、そのモノを陽に透かしてみたときの線や影を写し取るような気持ちで原型を制作している」と。
左上のピアスの名前は「mizu」。揺らぎ広がる水の輪。「amadare」「karakusa」「singing bird」…作品と合わせて、その名前を見ていると、雨や草や鳥や星、そんなものたちを静かに見ている作り手のまなざしを感じます。


綿紐ネックレスにはオリジナルの留め金が使われています。

長さを調整できて、そしてとてもきれい。この秋から、ネックレスの紐の長さを、70cmから90cmのロングタイプに変えたそうです。たっぷりと長く下げるのもよいし、アジャスターで調節して、余った紐を背中にゆらりと垂らすのも素敵です。

mitome tsukasaさんの世界を、ぜひゆっくりとご覧下さい。三留さんは、最終日の7日(日)にお店にいらっしゃいます。

Category: 金属・アクセサリー・時計

mitome tsukasaさんのリング

早春に純白の花を咲かせた利休梅(リキュウバイ)。 花のあと、夏がきて、秋がきて、今はこんな形の実に姿を変えています。
真鍮のリング「flow」。水面の泡の流れゆく様をイメージして制作を始めたという mitome tsukasaさんの作品です。金属をこんなきれいな形に変えて、輝きを運んでくれました。

自然が作り出したもの。人の手が作り出したもの。 どちらも美しく、私達を励ましてくれる。

百草の庭は、お蔭さまで今日で一周年を迎えました。足を運んで下さった皆さま、遠くで庭だよりを読んで下さっている皆さま、ありがとうございます。 感謝の気持ちでいっぱいです。

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag:

shioさんの鋳金の香立て

shioさんの鋳金のお香立てをご紹介します。「わたしのおうち」「きのこの森」「草むら」「森のトンネル」「クマ」「二子山」「丘の上」などなど、こうして並べてみると本当に可愛らしい。オブジェとしても楽しめるものとして、shioさんが少しずつ増やしてきたシリーズです。

金属工芸の技法は、鍛金・彫金・鋳金の大きく三つに分類されます。鍛金と彫金は、なんとなく想像できるのですが、鋳金(ちゅうきん)の作業がどのようなものなのかは知りませんでした。
先日、shioさんがお店に来て下さり、鋳金について分かりやすく解説したオリジナルのノートを貸して下さいました。簡単に説明すると、ワックス(ろう) などで作品になる原形を作り、そこから鋳型をつくって、溶かした金属を流し込み、磨いて仕上げるのですが、ワックスを加工するところはまるで歯医者さんみたいな感じだし、「湯道」「ワックスツリー」なんていう印象的な名称が出てきて、面白かったです。
このノートはしばらくの間、百草の庭に置かせていただけることになったので、興味のある方は、ぜひご覧になってみて下さい。

shioさん作の錫(すず)のお皿「さざなみ」にイソギンチャクのお香立てをのせました。

こちらは「やまなみ」。山の中にいるクマさん。

私が昨年から使っているお気に入りは、この「ヤンバルクイナ」のお香立てです。
ヤンバルクイナは、沖縄本島北部の山原(やんばる)の森だけに住むクイナ科の鳥。shioさんの「やまなみ」の錫のお皿にのせると、やんばるの森の中。さこうゆうこさんのガラスの受け皿にのせると、水辺にいるような涼しげな雰囲気になります。写真でしか見たことのない鳥ですが、森の中の水場で日に何度も水浴びをし、夜は木の上で眠るというヤンバルクイナの姿を想像して楽しんでいます。

shio お香立て 「イソギンチャク」 ¥2,500- ・ 「クマ」「ヤンバルクイナ」 ¥3,000-
     錫合金のお皿 ¥5,800- Sold out
さこうゆうこ 吹きガラスの受け皿 ¥1,890- Sold out

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag: